十五島公園(その6):新緑

札幌の中心部から約15km離れたところを流れる豊平川です。 十五島公園河岸に生えている樹々です。
003 豊平川 十五島2014.5.10
いま、ちょうどヤナギ類が新芽から新緑へ、イタヤカエデが黄色い花を咲かせています。この一帯に多いミズナラは新芽が吹き始めています。ハリギリも大きな芽を白く輝かせながら吹くらませています。ハルニレは花も終り、その種子の緑色の翼果が新葉のように見えます。まだ新葉は出ていません。
向こう正面に見える山肌はまだ枯木の装いですが、5月下旬、もう少しすると鮮やかな春緑に変わっていきます。ようやく札幌の郊外にも春がやってきました。
006 豊平川 藤野2014.5.10
十五島公園から川下に沿って続く豊平川河川敷の自然林です。
この自然林は、夏場はササ(チシマザサ?クマイザサ?)が繁茂していてあまり近寄らないのですが、冬場から春先にかけて、健康維持のための散歩と冬芽の観察コースになっています。ヤナギ類、ハルニレ、カツラ、ヤチダモ、ケヤマハンノキ、オニグルミ、エゾヤマザクラ、サワシバ、イタヤカエデ、エゾニワトコ、ニセアカシア、ドロノキ、ヤマグワなど当たり前に札幌に見られる樹種が生えています。
冬場はほとんど変化を見せない樹木ですが、ヤナギ類の蕾(花芽)は年によって12月に膨らんでそこから白い綿毛を出します。このコースを散策するときには、目に付くのはヤナギというか、白いもの、ヤナギの綿毛を探してしまします。(5月の、こんないい季節に、冬の話をしてしましました。失礼しました。)

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

十五島公園(その6):新緑」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。
    新緑の自然林、コースも快適そうでいいですね。
    芽吹き具合から察するに、こちらでいうと1000m以上の山々の光景を見ているような気分になりました。
    笹に関しては葉の両面が無毛ならチマキ、裏が有毛でざらつくならクマイと判断できるようです。
    ブナが優占しないそちらでは初期に形成された群落構成のまま、概ね極相状態に達するのでしょうか。
    ミズナラやイタヤカエデ、ハルニレ、カツラ、シナノキなど、北海道特有の落葉広葉樹林・・・
    その原生林に関してもとても興味があります。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます。
    コメントありがとうございます。
    土日は最高気温が10℃を超えなく、暖房を入れました。
    この時期のこの寒さは今までにない経験です。
    北海道には、ライラックの咲く頃(5月下旬)に“リラ冷え”という言葉があるのですが、そのレベルを超えていたように思います。
    ササの見分け方、ありがとうございます。
    今度、確認してみます。
    こ写真の場所は、豊平川の河川敷で、さほど太い樹はありません。
    何十年に1回程度の大雨で、樹木の更新が行われているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA