コチョウラン(その2) 花芽ができない

前回の投稿で、我家のミニコチョウランが2回/年花が咲く話でしたが、それ以前に花色が白の大輪系のコチョウランを育てていました。
◇お供え用胡蝶蘭◇ 白(L) 3本立ち
このような豪華なコチョウランは、鉢から取り出すと10cm程のポリポットに入った株が3つ出てきます。

⇒ お供え花ドットコム https://www.flowers-do.jp/osonaehana/item_detail/1/
より写真をお借りしました

写真のような花茎が3本立ち上がっている贈答用の、1鉢が1万円以上する、あの豪華で立派な花の咲く株と同じ性質持つ苗を購入して5年ほど育てていたのですが、一度も花茎は上がってきませんでした。 ミニコチョウランは毎年2回花を咲かせるのに大輪系のコチョウランは一度も花を見ることができませんでした。 育てている場所はリビングでミニコチョウランと同じなのですが、両者は花芽(花茎)を形成する感度が違うようです。

我家のリビングの環境は、夏場の暑い時期は別にして、年間を通して最低気温が20℃を下回らない、21~24℃くらいで、湿度が40~60%の、北海道の戸建て住宅では一般的なものと思っています。
ので、北海道(札幌)では、贈答用にいただいたコチョウランを花が終わったからといって捨てるにはもったいないと、花が咲かないまま水だけやっている株を持っている方が少なからずいらっしゃるのではないか?と思っています。

コチョウランはインドネシアやフィリピンなどの東南アジアの熱帯雨林に、昼間は28℃、夜間でも18℃くらいの温度の環境下で生育し、樹木などに根っこをへばりつけたりぶら下げたりして、空気中の水分を吸って生きている着生ランです。
コチョウランは気温が15℃を下回ると成長を停止し、10℃以下になると株が弱ってきます。その意味で、湿度は別にして、気温が年間を通して20℃を保っている住宅が多い北海道(札幌)はコチョウランにとって理想ではないにしろ、そんなに悪い生育環境ではないのです。 シクラメンやアザレアなど花の咲く鉢花はたくさんありますが、コチョウランは北海道の住宅において、鉢花の中では比較的育てやすい部類に入る鉢花だど思っています。

<コチョウランの花芽形成>

ミニ系と大輪系のコチョウランでは花芽形成(根元近くの茎のように見える部分(葉と葉の基部の間)から先の尖った緑色の小さな花茎が出てくる)において温度がどのように影響しているのでしょうか?

〇 大輪系コウチョウラン
コチョウランの花芽形成には、18℃の夜温(最低気温)が1ヵ月程度続くことが必要条件のようです。
コチョウランの自生地では1年を通して昼間の温度が28℃、夜間(最低温度)が18℃前後の気温で、いつでも花芽ができる条件にあり、株さえ充実していればいつでも花芽を形成して花を咲かせることができるのです。 ところが、このような性質のコチョウランを四季のある温帯地域に持ってくると、花芽を形成する条件が限られてしまします。 以下は札幌市の過去30年間の6月~9月までの半旬ごとの平均気温(1991~2020年)をグラフ化したものです。

コチョウランの花芽形成に必要な条件の夜間温度(最低温度)が18℃前後になる時期は、札幌の場合、7月下旬~9月上旬が当てはまります。 コチョウランを屋内ではなく屋外で育てれば問題なく花芽はつくのです。 ところが、屋外に出すとアブラムシやカイガラムシなど害虫がつきやすいので、どうして室内で育ててしまう傾向にあります。 そうすると、夜間の温度が十分に下がらす、コチョウランにとって花芽をつくりづらい環境になってしまうのです。

それでは夏場屋外で育てたくない場合、我家の場合もそうですが、どうすればいいのでしょうか?

この条件を北海道(札幌)の住宅に当てはめると、我家(札幌)の場合、10月上中旬には暖房を入れるので、室内の最低気温も21℃以上になってしまいます、なので、大輪系のコチョウランに花芽が付かない、花茎が上がってこない条件になってしまうのです。
北海道(札幌)の一般的な戸建て住宅の場合、最近は子供が独立して暖房を入れない空部屋がある方が多いと思うのですが、我家の場合、2階に陽 の当たる使ってない部屋があり、その部屋の温度を調節(サーモスタットを0~1の目盛りにセット)しておくと、真冬でもその部屋の温度は14~16℃を維持しています。
このことから10月~11月に暖房のない部屋で育て、ただし、15℃以下の温度が続くとコチョウランの生育が止まるので、その点には注意しながら、11月中下旬まで置いておくと、花芽形成に必要な「約1月間の18℃の気温」を満たすことができるのです。 そして、様子を見ながら暖かいリビングに移動するのです。 そうすれば、確実?に翌春には花を見ることができると思っています。

それでは、マンションの場合はどうすればいいのでしょうか?
マンションは玄関を含めてすべての部屋が暖かいので、夏場の成長期はベランダで外気に当てて育て、9月上中旬に室内に取り込むのが唯一の方法のように思われます。 そうすると、2月頃?から花が見られるのではないでしょうか?

〇  ミニコチョウラン
ミニコチョウランは大輪系コチョウランと違い、温度に鈍感?なようで、年間を通して室内で育てても、充実した葉が4枚あれば、毎年花を咲かせてくれます。

余計な話ですが、大輪系のコチョウランに花を咲かせるには温度条件を考慮することは必要ですが、その前に、 先ず第一に、夏場しっかり肥培管理して肉厚の張りのある葉を育てることが重要で、葉の枚数が少ない、色つやの良くない葉の株では、いくら温度管理を徹底しても花は咲かない、花茎は上がってこないのです。

コチョウラン  葉1枚の寿命

下の写真は、我家で育てているミニチョウラン。 4年前に妻が何かの記念にいただいたものです。 毎年2回、夏と冬に花を咲かせます。 それも必ず2本の花茎が立ち上がってきます。
2024.1.25
このミニコチョウランは、4号鉢に植えてあり、葉が7枚、花茎が2本立ち上がって、それぞれに10個のつぼみをつけています。1個の花の大きさは縦横6cm前後。 開花始めは1月上旬で、現在(1月25日時点)4個咲いているので、5~6日に1個づつ花を咲かせていることになります。 この調子で咲き続けると、2月中下旬に10個すべてのつぼみが開花します。 それから1ヵ月以上は咲き続けるので、 2~3ヵ月花を楽しむことができます。 ある人は、「半年咲かせた」と言ってます。 コチョウランはそれほどに長く花を楽しめるのです。
しかし、鉢で長く咲かせるとコチョウランの株に負担がかかる(株が弱り次回花が咲かなくなる可能性がある)ので、8個の花が咲いてつぼみが2個のとき、根元で花茎を切って、切り花で楽しんでいます。 気温の低い玄関に飾っておくと、それから1~2ヵ月は楽しめます。
コチョウランの葉は長楕円形で表面に光沢があり、肉厚です。 何かの拍子に根元付近からぽっくり折れて根なしになっても、葉が元気ならミズゴケに挿しておけばまた根が出てきます。 それは葉にたっぷりため込んだ養分で新しい根を出すことができるのです。
我家のミニコチョウランの葉は4年前にいただいた当初 4枚?で、現在は7枚です。 株元に干からびて灰褐色の役目を終えた枯葉を気づいたときに取ってやっています。

〇 コチョウランの葉の寿命
ナナカマドやハルニレなど春に新芽が出て秋に落葉する落葉樹の葉の寿命は1年(正確には半年)です。マツなどの針葉樹やシャクナゲやツバキなどの常緑広葉樹の葉は、春に新芽を出して翌年の秋又は翌々年春には落葉します。常緑系の樹木の葉の寿命ははおおよそ2年です。
それではコチョウランはどうでしょうか? 新芽は定期的で出てきますが、1株にある葉は常時6~8枚?くらいで、1枚の葉が何年生きているのか?分からないのです。
webページに以下のような記述がありました。

胡蝶蘭は花屋に並ぶまでには4年程かかりますが、その期間で一番最初に出た葉は枯れません。葉が黄色くなり枯れてしまうのは農園のハウスを出て、環境が変わってからになるからです。(4年間の内、その内の2年間はフラスコの中で、鉢での栽培は2年間のようです。)

胡蝶蘭station  ⇒  https://ran-station.com/blog/detail.php?id=48

胡蝶蘭の生産過程でフラスコの中での無菌培養期間が2年なので、その後の鉢での栽培は2年間なのです。 コチョウランの葉の寿命は2年以上はあることになります。

コチョウランの1枚の葉の寿命を推定するうえで必要な条件は、1年間に何枚の葉が出て、ある時期の葉の枚数が何枚あるかで推定できます。
先ず、一つ目の1年間に何枚の葉がでるか?については、webページで調べてもなかなか見つからないので、BingAIに尋ねると、3~5枚と答えてくれました。 温度などの栽培環境によって葉の出る枚数も異なるのですが、 とりあえずAIを信頼して、コチョウランの1年間に出葉枚数を4枚にします。

以下は我家のミニコチョウランの葉の枚数

年数 当初 1年後 2年後 3年後 4年後(現在)
葉の枚数 4枚 4枚 5枚 6枚 7枚
1年に出る
葉の枚数
4枚 4枚 4枚 4枚

※葉の枚数の当初から3年後の数値については推定

上記の表の4年後(現在)の葉の枚数は正しいのですが、それ以外はすべて推定です。 それでも4年間を通してみると、4枚が7枚に3枚増えただけです。 AIの言っている年間3~5枚の葉が出るのならば、コチョウランの1枚の葉の寿命は1年若しくは1年ちょっとということになります。 生産段階での葉の寿命は2年以上あるのですが、我家のリビングでの栽培管理では1年ちょっと というところでしょうか。

<追記>我家のミニコウチョウランは1年に夏と冬の2度開花し、それぞれに必ず2本の花茎を立ち上げます。 コチョウランの1年間に出る葉の枚数が4枚ほどなので、1枚の葉で10個のつぼみをつける花茎1本を養っていることになります。

 

 

 

 

 

 

マンデビラ 鉢花

2023.8.31
写真のマンデビラは百合が原公園の温室に展示されていました。 毎年、この時期(8月~9月上旬)に展示されるようです。  豊平公園の緑のセンターでは6月頃に鉢花で販売されています。 今から30年以上前にはピンクの大きな花を咲かせるデプラデニアという名前で出回っていたのを覚えています。
マンデビラは南北アメリカ大陸のメキシコ~アルゼンチンに分布する熱帯性の植物です。関東以西では春から秋にかけて長期間咲いているようですが、札幌では真夏の8月~9上旬?が見頃のようです。
2023.8.31
マンデビラはつる性の植物で、そのつるに対生の葉をつけ、その葉の基部から10cm程?の花梗を伸ばし、その先に4~5輪の花を咲かせます。古株になると茎は木質
化します。
園芸店で販売されているマンデビラの鉢花は、アサガオのように行燈づくりで、鉢の
周囲に支柱を数本立てて、それにつるをぐるぐると巻き上げる仕立て方のものです。
2022.8.15
花の大きさは10~15cmと大きく、花弁は漏斗状で先が5つに分かれています。花色は真っ赤~ピンク~白色まで幅広く、最近は品種改良が進んで多くの花色のものがが出回っているようです。

マンデビラは関東以西では春から秋にかけて長期間開花しますが、札幌の見ごろは真夏の8月と比較的期間は短いようです。
百合が原公園の8月に花を咲かせる栽培方法は、

①9月中旬に花が終わった後、養生するハウスに移動
②秋から来春までの冬期間は、マンデビラが寒さの害を受けない程度の低い温度の場所(最低温度が5℃?)で越冬させ、そのときに夏に伸びたつるを切り戻す。
③なので、翌春の芽出しは4月以降になり、つるが伸長しだすのは5月で、
④おそらく、葉柄基部に花芽ができるのは。6月以降になる。
⑤それが蕾となり開花につながるのですが、それまでにはある程度の日数が必要で、
⑥札幌の場合、花が開くのは8月になる。

と推測?憶測しています。

もし、札幌で5~6月に花を咲かせようと冬場に温度を上げて育てても、雪国の低くて弱い太陽光tと少ない日照時間では十分な成長が見込めないのかもしれません。 それとも、たとえそれができたとしても、冬場において温室に保管すべき他に優先すべき鉢花があって、それと併せて、マンデビラに5~8月の長い期間咲いてもらわなくても夏場の1ヵ月で十分と思って、現在の冬期間低温のハウスに保管して8月に開花させる栽培方法になったのでしょうか。 確かに、札幌では5~6月にかけては他にきれいな花はいくらでもあるので、 冬場にわざわざ温度を上げてマンデビラを育てる必要はないのです。

 

アザレア 豊平公園緑のセンター

地下鉄豊平公園駅の1番出口の階段を登りきると目に入るものは雪に覆われた建物と道路。辺りは白一色。この時期の札幌ではありきたりの冬景色です。1分程歩くと豊平公園緑のセンター入口です。緑のセンター展示温室に入ると、今までの真っ白な世界から突然ピンクの塊が目に飛び込んできます。そのボリュームに一瞬はっとするというか、思いもよらない暖かい色合い?明るさ?に出会うのです。
2023.1.31
写真左側の紫紅色の花はヒラドツツジの仲間で、手前は紫宸殿 奥がオオムラサキツツジ。オオムラサキツツジは屋外でも越冬して、札幌中心部のビルディングの外構植栽で見かけます。右側奥の一団はアザレア。 アザレア品種 “浜の粧” など多数展示。

1月31日~2月12日まで当緑のセンターでアザレアが展示されています。
展示されているアザレアの鉢数は約130個で、大きいものは10号鉢(鉢の天端の直径が30cm、1号=3cm)で株高は1m~1.5m、小さいものは5号鉢。 2023.1.31
このアザレアの見頃は展示期間の2週間ほどなのですが、その後、このアザレアは来年の今頃まで残りの49週間をどのように管理されているのでしょうか?
アザレは札幌では屋外で越冬出来ないのでビニール温室に移されます。同温室の設定温度は最低気温が5℃を下回らいない程度のようです。大きい株の剪定は温室に移動後に行われ、1ヵ月もすると新しい芽が出てきてます。それが春から夏にかけて10~20cm?ほど成長し、その枝先に花芽をつくります。
毎年3月中旬~5月上旬にかけて鉢替え若しくは鉢増し(鉢を一回り大きいものに植え替える)をします。10号鉢のように大きいものは2年に1回、小さいものは毎年植え替えます。
5月に入り暖かくなってきてから温室から屋外に搬出して管理します。春から夏の成長する期間は十分な水やりと肥培管理を行います。 11月に入ると再び温室に搬入
します。
札幌の一般家庭でアザレアを毎年花を咲かせるには、花が終わった後春までアザレアが寒さで凍らない程度の部屋で管理できるかどうかが重要になります。 それをそのまま暖房も効いた暖かい部屋に置いておくと、軟弱な新梢が細長く伸びてきます。その枝に花芽ができる可能性はありますが、樹形は乱れて、購入時のようなコンパクトな樹姿は望めません。
2023.1.31
アザレアは19世紀初頭に、ベルギーを中心としたヨーロッパで、室内観賞用の鉢物として改良された常緑性ツツジの総称です。交配親となったヤマツツジの仲間は、中国、台湾、日本、ベトナムやフィリピンなどに約95種が分布しています。日本国内には、サツキRhododendron indicum)やヤマツツジ(R. kaempferi)、モチツツジ(R.macrosepalum)など観賞価値の高い15種ほどが自生しており、江戸時代から品種改良が盛んに行われ、サツキ、クルメツツジ、江戸キリシマなど、数多くの園芸品種群が作出されました。これらのうち、ケラマツツジ(R.scabrum)、サツキ、大紫、白琉球などと、中国から導入されたタイワンヤマツツジ(R.simsii)が、江戸末期から明治時代にイギリスに渡って、オランダを中心に大規模な交配がなされ、現在のアザレアが誕生しました。(NHKみんなの趣味の園芸)

 

 

カネノナルキ(金のなる木) 開花


webページ  BIOTONIQUE から写真をお借りしました。
https://biotonique.jp/article/36844

写真は「カネノナルキ」、「花月」などと呼ばれてよく見かける鉢花です。 葉は艶とふっくらとした厚みがあって丸みを帯びているのが特徴です。 大きいものは、40cm以上ある大きな鉢に高さ幅共に1m以上にもなる鉢物をときおり見かけます。 しかし、花が咲いている株を見かけたことがなかったのですが、豊平公園の緑のセンターでそれに出会いました。
2018.12.9
それはちょうどこの時期で、花は年末~年始にかけて咲くようです。
写真の黒い鉢の大きさは直径30cm程の10号鉢で、株の大きさは高さ幅共に1mを優に越す立派なものです。 小さな白い花が株全体を被うように咲いています。
今冬の緑のセンターのカネノナルキは展示温室2階の片隅に置かれていました。これ以上鉢を大きくしたくなかったのか?強めの剪定をされていて、残念ながら、今冬は花は咲いていませんでした。
それで、この展示温室を管理する方に、この花の咲かせ方を尋ねると、
「年間を通じて灌水を控える、冬季間はほとんどしない」
と教えてくれました。
2018.12.9
花は直径1.5cm前後の5花弁で、花の咲き方は花軸が分かれて多数の花をつける集散花序です。

「金のなる木」または「花月」とも呼ばれるこの鉢花は、ベンケイソウ科クラッスラ属で、南アフリカケープ州南部~ナタール州原産。高さ1~3mの低木。
クラッスラ属の植物は、南アフリカ、ナミビア
(砂漠で有名)、マダガスカルに分布し、300種以上が知られ、、草本または低木状の多肉植物。(園芸植物大事典)
ホーマックやビバホームなどの園芸店で下の写真のように販売されている多肉植物はクラッスラ属も多いのではないでしょうか。 2022.12.23

緑のセンターのカネノナルキは毎年12月に花が咲くのですが、そのために、「年間を通じて灌水を控える、冬季間はほとんどしない」ということを職員同士で申し合わせているようです。
それでは、カネノナルキの原産地、南アフリカの気候はどのようなものなのでしょう。
赤:気温、黒;降水量

  ケープタウン プレトリア 札幌 東京
1月 21.0 10.1 23.0 111.3 ー0.9 113.6 5.2 52.3
2月 21.1 15.0 22.9 104.5 ー3.1 94.0 5.7 56.1
3月 19.8 13.5 21.6 86.4 0.6 79.9 8.7 117.5
4月 17.3 47.4 18.8 29.1 7.1 56.8 13.9 124.5
5月 15.0 80.7 15.3 17.5 12.4 53.1 18.2 137.8
6月 12.8 93.4 12.3 7.5 16.7 46.8 21.4 167.7
7月 12.2 91.5 12.2 2.7 20.5 81.0 25.0 153.5
8月 12.7 78.2 15.4 4.4 22.3 123.8 26.4 168.2
9月 14.4 44.5 19.3 16.6 18.1 125.2 22.8 209.9
10月 16.3 35.3 20.8 72.2 11.8 108.7 17.5 197.8
11月 18.3 23.1 21.8 100.2 4.9 104.1 12.1 92.5
12月 20.1 13.0 22.4 113.8 ー0.9 111.7 7.6 51.0
  16.8 545.8 18.8 666.2 8.9 1098.7 15.4 1528.8

ケープタウンは海洋に面していますが、プレトリアは内陸に位置するので、かなり気候が違うようです。 気温は両都市共に最高気温が1月の21~23℃、最低気温が7月の12.2℃で、羨ましいことに、1年中日本(関東以西)の春と秋のようです。
しかし、降雨量は札幌の約半分で、ケープタウンは夏季は少なく、冬季にある程度(80~90mm/月)降るようです。 典型的な地中海性気候(夏暑く若しく暖かく乾燥するので、植物の生育は秋~翌年の春までが中心)です。
一方、内陸部のプレトリアは夏に雨が多く、冬はほとんど降らないようです。この両市は気温はよく似ていても、雨の降り方は全く逆です。ケッペンの気候区分では、亜熱帯性の温暖冬季少雨気候)と言うそうです。
ネットなどで調べるとカネノナルキの生育地は、地中海性気候のケープタウンではなく、南アフリカの内陸部(夏季に雨が多く、冬季はほとんど降らない)で、生育パターンは冬型ではなく夏型のようです。 しかし、南アフリカの気候は年中日本の春と秋なので、日本の夏場の高温(特に関東以西)は嫌うようです。
そういう意味で、緑のセンターの潅水方法(夏は少なめ、冬は極力控える)は現地の気候に合ったやり方なので、毎年花を咲かせることができるのでしょう。

「NHKみんなの趣味の園芸」によると、カネノナルキには、小さな株によく花をつける花の咲きやすい系統と、大株にならないと咲きにくい系統があるようなので、普段見かける大株でも花の咲かないものはその系統かもしれません。 2022.12.23
写真は、緑のセンターの売店で販売されている鉢花(カネノナルキ)です。 鉢の大きさは5号鉢(直径15cm)で葉張りは40cmくらいでしょうか。 この時期に、他の園芸店で12cmポリポットに花を咲かせたカネノナルキを見かけます。おそらく、これらが小株でも花を咲かせる系統なのでしょう。