キクイモ(その7) みそ漬け

11月21日に当ブログでキクイモの食べ方について投稿したのですが、今回はキクイモの味噌漬けです。

⇒ キクイモ(その6) それは美味しく食べられるか?

キクイモで味噌汁、チップス、しょうゆ漬けをつくってみて、これからも食べ続けても 良いと思ったのは、レンジでチンするキクイモチップとしょうゆ漬けでした。
しょうゆ漬けがまあまあなら、味噌漬けも美味しいのではないか?と思いつくってみました。というのも、毎年ニンニクをつくっていて、以前、試しに酢漬けとしょうゆ漬けを作ってみたことがありました。 この2種類は健康のためにと思っても食べ続けたいとは思わない、食べ続けるには少々無理がある、要は自分の口に合わなかったのです。 その後につくった味噌漬けは、美味しいとは言えないまでも、とりあえず、食べられたので健康のためにと思い毎年つくり続けています。
そんなこともあって、キクイモの味噌漬けなら食べ続けることができるのではないか?と思ってつくってみました。
2023.12.8
写真は味噌漬け、見た目はしょうゆ漬けとほとんど変わりません。 作り方は、キクイモを3~5mmの厚さで輪切りにし、味噌と少々のみりんを混ぜ合わせたものをタッパーなどの容器に入れて、そこに漬け込むだけです。 漬け込み4日後に食べてみたのですが、キクイモに味噌がついたまま食べたので、味噌の味しかしなかったです。 2回目に食べたのが漬け込み14日後で、そのときは水で洗って食べてみました。今度は、キクイモに味噌が染み込んでいて、コリコリとした触感でキクイモの漬物です。 出来はまあまあです。
作り方として、輪切りにして漬け込むより、そのまま丸ごと漬け込み、食べるときに味噌を洗い落とし輪切りにした方がよさそうな気がします。 丸ごと漬け込む場合は味噌が染み込むまで2種間ほどかかるようです。

人によって好みが違うので、どれが美味しいか?は一概に言えないのですが、味噌しるの具、チップスなど5種類つくった中で、味噌漬けもまあまあですが、自分としてはしょうゆ漬けが一番口に合っているように思います。 しょうゆとみりんの他に少々の砂糖をいれると味に深みが出てより美味しくなる(より食べやすくなる)かもしれません。

 

 

シモバシラ 氷の花

霜柱(シモバシラ)は、冬期の気温が氷点下になるときに、地中の水分が毛細管現象によって地表にしみ出して柱状に凍結したものですが、草花にも「シモバシラ」という名前の植物があります。 シモバシラは地際に氷の花(結晶)をつくることからこの名前が付けられました。
この現象は、外気温は氷点下になっても、地中は落葉によって保護されて根が活動できる地温を保っているため、根から吸い上げられた水分が枯れた茎からしみだし、冷たい外気に触れて凍っていくことでつくられていきます。

「シモバシラ」という植物を知ってから、一度は見てみたいと思っていたのですが、そのときが今冬やってきました。 札幌は通常11月中下旬から雪が降り始めるので、シモバシラの氷の花は、少しの降雪でも雪の中に隠れてしまうし、気温が上がれば解けてしまうので、この現象を見るには夜温がマイナスで、しかもその前夜に雪が降らなかったときがチャンスなのです。 なので、札幌でこれを見る機会は限られているのです。
以下の表は、今冬11月28日~12月1日までの気温。 札幌管区気象台

月日 平均気温 最高気温 最低気温 降雪 積雪 (cm)
11月28日 5.1 12.1 0.3
11月29日 -2.1 -0.8 -4.2
11月30日 -4.3 -3.2 -5.2
12月 1日 -3.2 -1.3 -5.0

11月28日は最高気温が12.1℃まで上昇して11月下旬にしては暖かい日でした。ところが翌日から最高気温もマイナスの真冬日になり、シモバシラができる条件が整ったようです。 写真を撮った12月1日とその前日に降雪はなかったので、雪はほとんどなくなっていました。

写真は豊平公園の野草園に植えられているシモバシラ。 シモバシラの枯茎を縄で結わえてあります。
2023.12.1
その地際に白い塊が見えます。それが氷の花(氷の結晶)です。

3023.12.1
高さは4~5cmくらいでしょうか。 見た瞬間は枯茎にくっついた雪の塊に見えるのですが、しゃがんで近づいてみると
花弁のような形をしたもの、中央部が空洞になったものなどいろんな形状に結晶化しています。
2023.12.1
ブログに載せているこの写真を豊平公園の関係者に見せると、雪の結晶が一回り大きくなっていると話してくれました。 その方はその前日に観察したようです。

シモバシラは関東以西の山地の林に生えています。特に関東以西の太平洋側は雪が降らないので、シモバシラの氷の結晶を2月頃まで見ることができるそうです。 その間も根から水が上がって氷の結晶が育ち、大きな氷の花が見られる1月上旬では、写真で見る限り10~20cmくらいの高さにまで成長するようです。

高尾山 シモバシラ ⇒ https://www.ces-net.jp/takaovc/?page_id=75

札幌では通常12月上中旬には根雪になるので、大きく育つ氷の花を見ることはほとんど不可能です。 それでは雪の少ない帯広などに植えたら、北海道でも大きな氷の結晶を見ることができるのではないか?と一瞬考えたのですが、このシモバシラは元々暖地性の植物で、帯広のような地下1m近くまで凍り付くような場所ではそもそも生きていけないのです。 すぐにその安易な思いつきを取り消しました。 このシモバシラが豊平公園の野草園で生きていられるのは、札幌が積雪1m近くにまでなる豪雪地帯で、その厚く積もった雪がシモバシラを保護しているのです。

シモバシラの花
2022.10.9
シモバシラは日本特産でシソ科の植物。 草丈は50cm~1m。
シモバシラの茎はしっかりできているので、それが枯れても水を通すので氷の花ができるのだそうです。
2022.10.9
葉は対生で、茎の先端に近い方にそれぞれの基部から穂状に小さな白い花を咲かせます。 豊平公園の野草園では9月下旬?から咲きだすようです。 写真では花が大きく写っていますが、それほど目立つ花ではありません。

 

キクイモ(その6) それは美味しく食べられるか?

キクイモはヨーロッパでは主に家畜の餌として利用されていた?いる?ようですが、日本でも終戦後の食糧不足時には需要はあったようです。 しかし、ジャガイモやサツマイモに比べて味が劣るために食糧不足が解消すると自然と食べられなくなったようです。
ところが近年、このキクイモが機能性表示食品として見直されるようになりました。
ジャガイモは炭水化物であるデンプンを多く含んでいるのですが、キクイモはジャガイモのでんぷんと同じ炭水化物の仲間であるイヌリンを多く含んでいます。  デンプンは人間の消化器官で分解吸収されて体を動かすエネルギーなどの栄養源となります。 一方、イヌリンは人間の消化器官では分解されず、大腸内の細菌の餌になる食物繊維に分類され(ただし、ウシやウマ、ブタなど草食動物ではイヌリンは胃で消化されて栄養源となる)、キクイモにはそのイヌリンが15%ほど含まれています。
このことから、キクイモは血糖値の上昇を抑える効果があり、天然のインスリンとも呼ばれ糖尿病や心疾患の予防食材や便秘の改善に役立つとして注目されています。
これらの理由から、キクイモをつくってはみたのですが、どのように料理すると美味しく食べられるのか?分からないので、パソコンで調べました。 食べ方はいろいろあるのですが、とりあえず、以下の3種類に挑戦してみました。
①味噌汁の具
②キクイモチップス
③しょうゆ漬け

①の味噌汁の具としては、キクイモの下処理が悪かったのか?はっきり言って美味しくないです。サトイモとジャガイモを2で割ったような中途半端な柔らかさで、キクイモ自体の味があるようなないような、もう少し言えば、独特の臭みみたいなものが少し出るようで、もう一度食べたいとは思わない味噌汁になりました。

②のポテトチップスは、2つの方法で作ってみました。 一つは油で揚げる方法、もう一つはレンジでチンする方法です。 前者はポテトチップスのようにカリッとはならず、少し時間を置いたフライドポテトのように柔らかくなります。 味の方は美味しいとまではいかないまでも、まあまあというか、食べられるという感じです。 もう一つのチンする方法は、キクイモを2mm程の輪切りにして、それをボールに入れてサラダオイルと塩を適当に混ぜ合わせて、レンジで10分ほどチンしました。パリッと焼き上がりまあまあ美味しいか?というところですが、ポテトチップスやサツマイモチップスには及びません。 しばらく食べていると歯と歯茎の間にキクイモチップスがこびりつくのが難点です。

2023.11.22

 

③しょうゆ漬けは、同量のしょうゆとみりん、細かく刻んだショウガを鍋に入れ、少し中火で煮詰めて冷ましてからタッパーなどの容器に入れて、そこに2~3mmに輪切りにしたキクイモを漬け込みます。一晩冷蔵庫で寝かせたら食べられます。 味はしょうゆとみりんがしみ込んだカリッとした食感の漬物というところです。 時々朝食に4~5枚小皿に出されても、抵抗なく食べ続けられる一品です。

2023.11.22
キクイモのt食べ方は、しょうゆ漬け、チップスの他にきんぴら、味噌漬けなどたくさんあります。 それに加えて、それぞれの食べ方にも調味料の種類や入れる量が違ったりと作り方にもいろいろあるようです。
もし、キクイモを手に入れる機会があれば、その辺りはパソコンを参考にして美味しいキクイモ料理をつくってみてはいかがでしょうか。

 

オギ  豊平川河川敷

11月16日(木)に中島公園で樹木医会の研修がありました。
その帰り道で撮ったものです。 場所は豊平川の南19条橋と南22条大橋の中間地点から南方向に撮っています。  豊平川の河道は写真右手に流れていて、左手にマンション、中央に南22条大橋が見えます。

写真中央のの河川敷に白銀の斑模様が見えます。 それがオギの群生地です。
2023.11.16
11月にしては珍しく雲一つない快晴で、オギの群生地が太陽に映えてまぶしく光っています。 この光景に見入ったのは私だけではなく、ご婦人?が日傘をさしてしばらく佇んでいました。
2016.11.16
豊平川河川敷にあるサイクリングロードからの光景 2016.11.16

⇒ ススキとオギとヨシ  その違い  

 

 

キクイモ(その5) 収穫 

キクイモの収穫時期は10月下旬以降と言われていますが、我家のキクイモの葉が黄色に変わってきたので、11月5日にイモを収穫しました。 4月11日に種芋を植付てから5か月弱です。
キクイモ(その1) 種芋
キクイモ(その2) 種芋植付け
キクイモ(その3) 芽出し
キクイモ(その4) 開花
2023.11.5
キクイモは茎が肥大したもので塊茎といい、ジャガイモやヤーコンがこれに当たります。サツマイモは根が太くなった塊根です。
しかし、写真を見ると根の先が太くなったように見えるのです。でも、それは茎(地下茎)から伸びた先にできたイモのようです。
2023.11.9
キクイモについた土を落としてガレージで保管
収穫量は4.4kgでした。 1kgの種芋を植えて4.4kgの収穫なので大して増えた感じはしません。 確かに植えた場所が、午後は全く陽が当たらず、植える場所の南側直近に高さ50cm程のブロック塀があり日当たりの悪い、少しひんやりする場所なので、作物をつくる場所としては不良に近い場所です。 ジャガイモは毎年1.5kgの種芋を植えて30kg収穫できるので、キクイモの生産性は元々ジャガイモやサツマイモに比べて低いのかもしれません。
それで、Bingチャットに尋ねると、1本(1つのイモ?)から3~4kg収穫できるといっています。今回は13個の種芋(合計1kg)を植付けているので30kgは穫れていいはずなのですが、今回の収穫量の少なさは、ただ単に植える場所が悪かっただけのようです。

〇 キクイモの形状
2023.11.9
写真は今回収穫したキクイモの形状です。 細長いもの、ごつごつしたもの。丸いものなどバラバラで「キクイモはこういう形です」というものがないのです。 ジャガイモやツマイモは「この形状がこのイモなんだ」というのがあるのですが、キクイモにはそれがないのです。 作り方が悪いのか?、植えた場所が悪いのか?、その原因は判りませんが、このイモには元々そのような性質、なんだかわからない形なってしまう特性を持っているように思えるのです。

〇 キクイモの保存方法
サツマイモを長期間保存するには、それを出荷する農家さんや業者さんは、温度14℃、湿度は90%以上の場所に厳密に保管していて、そうすると1年以上持つので、時期をずらして順次出荷できるようです。 我家でも10月上中旬に収穫したサツマイモを日陰で4~5日乾燥させ、それを新聞紙に包んで11月上旬まで車庫に保管し、それ以降の外気温はサツマイモにとって寒いので、室内の温度を低くしている部屋(冬期間の室温は13~17℃?)に取り込みます。 そうすると4~5月まで焼き芋で美味しくいただけます。 ジャガイモは7月末に収穫後段ボール箱に入れて、建物に組み込まれた車庫に保管すると3月までは料理に使えると我家の名シェフが言っていました。
それではキクイモはどうでしょうか? キクイモは長期保存が効かない作物のようで、常温で保管した場合は1週間程度とのこと。 この常温で1週間というのは、関東以西の話で、キクイモは10月下旬~11月上中旬?に収穫するので、関東以西のその頃の平均気温は15℃前後で、室温は20~24℃くらいではないでしょうか。 それと、工業、医療、食品など各分野で 「常温」の捉え方が違うのでどれが正しいか?は一概に言えないのですが、とりあえず、当ブログでは「常温」を関東以西の11月上旬の室内の気温(20~24℃?)と考えます。
キクイモは常温で1週間しか持たないのですが、札幌ではその頃の外気温は9℃前後です。 11月中旬以降は最低気温がマイナスになる日もあり、関東以西に比べると、保存期間は長くなると思います。 しかし、冷蔵庫でも2週間程度とあるので、ジャガイモやサツマイモに比べて保存性はかなり低いようです。
キクイモは札幌で越冬するので冬期間土中に埋めておけば、春まで食べられます、と思うのです。 しかし、それを料理に使うたびに雪を除けて土を掘り返すのはそれなりに大変なので、収穫後、確りした箱に土を入れてその中に埋め込み、ガレージに保管すれば春先まで持つのではないか?と思うのです。 それで今冬は、掘り取り後少し日数は立っていますが、とりあえず、発砲スチロールで試してみようと思っています。 次回は、「キクイモは美味しく食べられるのか?」についてです。