イタヤカエデ 倒木伐採

9月29日(金)に樹木医会北海道支部の研修会が札幌市中央区の円山公園でありました。 研修内容は、当公園内にある大きな樹を観察・診断して、その樹に内在する危険性を見つけ、今後の対策を検討するという内容でした。 大きな樹木は年を重ねるにつれ、台風などの強風で太枝が折れるなどの危険性が高まり、それが原因で幹の腐朽が進んだり、樹木のバランスが崩れたりと倒木など様々な問題が発生して、公園の利用者に危害を加える可能性が出てきます。
樹木を数本診断した最後に、当公園の管理者から根元直径が1.4m×1.3mある大きなイタヤカエデの切株についての説明がありました。
2023.9.29
説明によると、
・このイタヤカエデは樹高が20m以上で、地際から高さ1.0m~1.5mの高さで6~7本くらいの太い枝に分かれている巨大な樹木であった。
・樹齢は200年くらいと推定している。
・太い樹木で根元周が大きく、きれいな断面で伐採できず、年輪が不明瞭になった。
・最初に樹幹の東側半分の3本が倒木して、その後残った部分が北東側に倒れた。
・倒木の原因は強風ではなく大雨であった。

説明では、強風ではなく、大雨で倒木したとのこと。 倒木後の画像をスマホで見せてもらいました。 概略図で示すと以下の通り。

このイタヤカエデは、地際から1.5m前後の高さで6本ほどの太い幹に分かれていたので、太幹の付け根の部分が入り皮であったり、亀裂が生じていたのでしょうか? 概略図のとおり、太い幹の付け根から雨水が染み込んで樹幹内部に腐朽が進行したのです。 腐朽した部分は、内材が黒褐色でボロボロになった状態。
通常、樹木は太枝が折れたり切断されても、切断された断面より内側に雨水の浸透や菌による内部腐朽を防ぐ防御層を形成するのですが、※入り皮や強風による太枝の付け根に亀裂が生じた場合、樹冠上部が大きいと風による太幹の揺れで容易に破断面の修復ができないのでしょう。 それが長年続くと樹幹内部で腐朽が進み、樹幹の重みに耐えきれず大雨でも倒壊してしまうようです。

※入り皮;分枝角度が25度より狭い幹と枝、あるいは双幹木ではしばしば又の部分に樹皮が挟まる “入り皮” 状態になっている。入り皮になると形成層が圧迫されて死ぬが、圧迫し合っている部分に抗菌性物質が蓄積されて腐朽菌などの侵入を防ぐ。そして材が連絡し合っている脇の部分が張り出すような膨らみができる。しかし、挟まった樹皮は “くさび” ような形をしており。強風などで大きな加重がかかると、わずかにつながっている両脇の材から裂け、幹の半分近くまで引き裂かれてしまう。さらに、入り皮部分は引き裂かれる前から微妙な亀裂が入っていることがあり、腐朽の侵入門戸となりやすい。 絵でわかる樹木の知識(堀 大才著)

以下の写真は、2013.03.06に当ブログで紹介した、今回倒木したイタヤカエデのその当時の姿です。
2011.10.9
写真中央よりやや左手に青っぽい公園照明のポールが見えます。 この高さは約7~8mなので、このイタヤカエデの高さ、樹幅、樹冠の大きさを想像してください。
2012.9.15
樹齢を重ねたイタヤカエデでは、写真のように根元で幾筋も縦に線(亀裂?)が入っている樹を見かけますが、このイタヤカエデも同様に線が入り、根元に樹木内部に大きな空洞があることを連想させる「うろ」や、縦に入った線の地際には腐朽を疑いたくなるような部分もあります。
このように、このイタヤカエデを含めて樹齢を重ねた巨木は、外観は元気なように見えても、太幹が集まった部分や地際には樹幹内部に腐朽した部分が存在(隠れて)していて、風や雨で倒壊する危険性を常時秘めているのです。

⇒ イタヤカエデ(その2) 

 

 

リンゴ  防鳥テープ

リンゴ(品種;フジ)を植えて、4年目に初めて1個の実が生り、シンクイムシにも食われずに大きくなったので食べるのを楽しみにしていました。 ところが、9月下旬?にカラスに食害されてしまいました。 カラスは樹に1個しか生ってない実でもしっかりと見ているのです。
その翌年から、下の写真のように防鳥テープ(表と裏が赤色と銀色で風が吹くとテープが揺れてキラキラと光る)を張るようになりました。
2023.9.6
リンゴの主幹に4m程の棒(約φ4cmの鋼管)を立てて、その先から16本の防鳥テープを傘状に張っています。 樹冠周りには、カラスが側面と下から侵入しないように、野菜の促成栽培でビニールトンネルの支柱に使う折り曲げ自在のグラスファイバーポールを使って、防鳥テープを張りました。 この方式で、昨年と一昨年はカラスによる被害は無かったのです。
ところが、今夏(8月に入ってから?)は、朝食時に「ピーピー」と甲高くて、辺りに響き渡るような 鳥の鳴き声を時折耳にするようになったのです。 あの種の鳴き方は、おそらくヒヨドリです。
2023.9.6
写真の食害されている果実はリンゴではなく洋ナシですが、何者かが樹から果実を落として、白い袋を破って食害したものです。 洋ナシは昨年まで鳥の害はほとんどなかったので、防鳥対策をしていませんでした。 それは収穫後に追熟が必要で、樹についているうちは甘味がなく美味しくない?のでカラスは寄って来ないのです。
食害された洋ナシを見ると、カラスではなくもう少し小型の嘴の細い鳥のようです。 ヒヨドリではないかと思っています。 洋ナシ(品種;ブランディ)の収穫時期は9月20日前後なので、取り急ぎ、防鳥テープを樹に回しておきました。効果があるかどうかはわかりません。
我家の家庭菜園で鳥の被害にあう作物は、リンゴ、洋ナシ、ブドウ、ブラックベリーの果樹類すべて、トマトとトウモロコシ、発芽時のエダマメの野菜類です。 3~4

年程?前からはトマトとエダマメ以外は防鳥テープ(キラキラテープ)を張るようになりました。

<防鳥について>
鳥は眼が良くて学習能力も高く、しかもしつこいので、一度被害に遇うと、たとえ、その鳥を捕獲したとしても周辺から他の鳥たちが再び集まってくるので、その後も同じように被害が続くことが多いのだそうです。 2023.9.8
作物はリンゴと洋ナシ。 単管パオプを組んで側面は防鳥ネットを張り、上面はテグスを40~50cmの枡目で被う。
2023.9.8
作物はブドウ。 ブドウの両面を防虫ネットで囲う。

写真は元農家さんの防鳥対策です。 単管パイプを組んで防鳥網を張る方式です。 これならどんな鳥が飛来しても完全に防ぐことができます。しかし、これを設置するにはそれなりのコストがかかります。 一般家庭の果樹栽培では、リンゴ1本の樹に防虫網を設置することになるので、そのコストはともかく、設置と取り外しに伴う手間を考えると、なかなか手が出せません。
それで、簡易な防鳥テープを選択しているのですが、それでもやはり、一手間多い余計な作業、めんどうくさい感はいがめません。
昨年までは防鳥テープ(キラキラテープ)によりカラスの被害は出てないのですが、今夏、ヒヨドリの鳴き声を数回聞いています。パソコンで調べると、防鳥テープはカラスには効果はあるが、スズメやヒヨドリなどの小さな鳥には効果はないと記されています。 9月6日 にテープを張ったばかりでその効果は不明ですが、9月下旬にリンゴの除袋をすると、実が赤くなってより目立ってくるので、今後が心配です(リンゴの収穫は11月中下旬)。 キラキラテープの本数を増やす必要があるかもしれません。

 

 

 

ブドウ  種なし化

台風7号が日本の沖合をゆくりと北に向かっているころから、
「この台風、北海道にやってくるな」
とその予想進路を心配していたのですが、
幸いにも、それは我家に台風らしい風をほとんどもたらすことなく過ぎ去っていきました。
その台風7号の暴風襲来を心配して、昨日(8月16日)は、ブドウやブラックベリーの繁茂しすぎた枝の整理とトマトなどの野菜類が倒伏しないように、支柱の補強など暴風対策に半日以上を要しました。

ブドウの枝を切り詰めるので、その序でに、ブドウ(品種;バッファロー)を2房収穫しました。
2023.8.16
ブドウの房の長さは20cm以上あり、大きさ的にはまあまあなのですが、1個1個の実のつまり具合がいまいちです。 スーパーで売っているようなびしっと詰まった房の形状になっていません。
昨年、この品種を収穫したのは9月8日以降で、その時は甘くて美味しかったのですが、今夏は収穫時期が昨年より20日以上早かったので、甘味はあるのですが残念ながらまだ酸っぱ味が残っていました。

しかし、タネは無かったです。 昨年もタネ無し化のためのジベレリン処理をしたのですがタネはあったので、少々大げな表現ですが、今年はタネ無し化に成功したのです。

ジベレリン処理の時期と実施方法 (令和4年と令和5年の比較)

年度 ジベレリン処理
1回目処理日
ジベリン処理
2回目処理日
備考
令和4年
(2022)
6月9日 7月8日 錠剤2個を100ccの水に溶かし、ブドウ房を浸漬
令和5年
(2023)
6月8日 7月4日 1回目の6月8日は錠剤3個を150ccの水に溶かし、ブドウ房を浸漬
2回目の7月8日は1回目と同じ溶液を霧吹きで散布

※ ジベレリン処理には「「STジベラ錠5」を使用。 5錠/箱で1,000円

ブドウのタネ無し化でジベレリン処理は2回行います。 1回目はタネ無し化のため、2回目は熟期促進や実の肥大化を目的としています。 なので、1回目の処理日が重要になります。 しかし、昨年と今年では処理日が1日違いです。 昨年はジベレリン処理が初めてで、とりあえず、満開予定日14日前を6月9日と推定して処理したのです。 しかし、今年は、新梢の展葉枚数が10枚をジベレリン処理の一つの目安になするという情報があったので、それを参考に、小さな葉も展葉していれば1枚と数えて、多くの新梢の葉が10枚が開いたと思われる時点で処理をしています。 ので、昨年の展葉枚数は分かりません。 とりあえず。展葉枚数が10枚の時点で処理すればタネ無し化ができるということが分かったので、来年も同じ方法でやってみようと思っています。

⇒ ブドウ(その1) ジベレリン処理

⇒ ブドウ(その2) ジベレリン処理(その2)開花

 

ヤマグルマ  百合が原公園

2023.6.18
写真のヤマグルマは、前回(6月24日)投稿したマグノリア  アシェイの数メートル横に植えられています。樹高は3m程のこじんまりとした樹姿で、強いて言うなら同じ常緑樹のアセビ(馬酔木)に似ているのでしょうか。
2012.4.6
⇒ アセビ  ツツジ科の常緑低木2023.6.18
ヤマグルマは、ヤマグルマ科ヤマグルマ属の 1科1属1種の常緑広葉樹で、大きいものは20mにもなるそうです。 日本では本州の東北南部~九州に分布しています。
百合が原公園の方に、どれぐらい大きさのものをいつ頃植えたのかを尋ねたのですが、分からないとのことです。 見た感じ、このヤマグルマは植えられてからある程度の 年数を経ているようなので、樹木の成長はゆっくりしたしたもののようです。
2023.6.18
ヤマグルマの花は花弁もガクもなく、写真の花の中心にある緑色の半球状体の回りから糸のようなものがたくさん出ていますが、それらは雄しべのようです。 ヤマグルマの名前は、葉が枝先に車輪状につくことから名付けられたようです。

ヤマグルマは、花が特別にきれいでもなく、葉の形状に特徴があるわけでもない至って普通の樹木なのですが、他の広葉樹と違う特異的な形質を持っていることで知られています。 通常、広葉樹は根から吸い上げた水や養分を導管と呼ばれる管を通して樹上若しくは葉に運ぶのですが、このヤマグルマは針葉樹と同じ仮道管と呼ばれる菅によって運ばれるのです。
それでは、導管と仮道管はどう違うのでしょうか?
広葉樹で一般的な導管は、個々の細胞をつなぐ上下の壁が無くなって1本の長い菅になり、菅の中を水はスムーズに流れるのですが、仮道管(紡錘形)は、導管のように上下の壁が無くなるわけではなく、上下の細胞に壁口(へきこう)という穴が開いていて、その部分から水が流れるのです。 なので、水の流れは仮道管より導管の方がスムーズです。
しかし、導管にもデメリットがあり、冬に気温が下がり導管内の水が凍結すると細かい気泡できて、春先に氷が解けると、それが集まって大きな気泡になり、導管内の水柱が途切れて樹冠上部に水を吸い上げることができなくなるのです。
一方、仮道管は内部の水分が凍結しても、それぞれの細胞は導管のものより細く、しかも上下細胞が壁口という穴で繋がっているだけなので、小さな気泡が集合せずに大きな気泡を作りにくく、斜めに接しながら繋がっているため、水柱が途切れることは少ないのです。

話は少し逸れて「樹木の進化」になります。

今から4億数千年前、海中から陸上に進出した原始的な生命体は、長い長い時間を経て維管束を持つシダ類に発達し、今から約3億5000万年前(古生代石炭紀)に木性シダ類によって森林が形成されます(現代の我々はこの遺体を化石燃料として利用)。
シダ類は湿った環境での生繁殖が可能で環境への耐性が低かったのですが、今から約2億5000万年前(中世代初期;三畳紀)、シダ類の次に現れる針葉樹類、イチョウやソテツなどの裸子植物は、胞子で繁殖するのではなく、種子を形成して水気の少ない場所でも繁殖生存できるようになったのです。
シダ植物の繁茂した場所は湿潤な地域に限定されるのですが、種子植物の出現により陸上のより乾燥した場所や高山のより高い場所にまで生息域を拡げることができたのです。 想像するに、その当時宇宙から見た地球の赤茶けた?陸上が緑色に徐々に拡大していくのが見えたのでしょうね。
そして、裸子植物の出現から約1億年を経て、今から約1億5000万年前、導管を持つ樹木(広葉樹)の出現です。 それまで地球を覆っていたマツなど針葉樹類は成長の早い広葉樹に追われて、寒い地域や高い場所に追いやられていったのです。

樹木の進化を辿ると、ヤマグルマは針葉樹から広葉樹に移行する時代に出現した樹木のようで、常緑広葉樹より成長は緩慢だけれど、針葉樹には劣るけれど導管を持つ広葉樹よりも耐寒性はある植物と考えてもよさそうです。
常緑広葉樹が生息するには札幌は厳しい条件の場所なのですが、維管束に仮道管を持っているヤマグルマだから越冬できる、それが大きな要因の一つと考えられます。ヤマグルマは樹高が20mを超えるものもある高木性樹木なので、百合が原公園にあるヤマグルマが今後どのように成長するかが楽しみです。 このヤマグルマが植えてから何年くらい経つのかが分からないのが少々残念です。

<追記>
常緑広葉樹で仮道管を持つ樹木は、ヤマグルマのほかに、お正月に飾り物の切り枝として使われるセンリョウがあります。

 

 

 

 

 

 

マグノリア アシェイ  百合が原公園

百合が原公園に世界の庭園という一画があります。 これは、札幌市の3つの姉妹都市(ミュンヘン市、ポートランド市、瀋陽市)を代表する庭園と日本庭園の4つを見ることができるコーナーですが、その中の瀋陽市の中国庭園の近くにマグノリア  アシェイが植えられています。
2023.6.18
写真のマグノリア  アシェイの高さは約4m、葉張りは2m強でしょうか。2023.6.18
葉の大きさは葉柄まで入れると80cmはありそうです。 バナナの葉を連想させます。 写真中央に三角錐の白いつぼみが見えます。 大きさは15cmはあります。 葉もつぼみもデカいです。
2023.6.18
つぼみはいくつかあるのですが、開花しているはものはこの花1個でした。 おそらく、今朝(6月18日)に咲き始めたのでしょう。花弁が開き切ると花の大きさは30cm以上という話です。 ホウノキの花を二回り大きくした花が咲き、開花すると良い香りがするそうです。 写真の花は木の上の方で咲いていたので香りは漂ってきませんでした。 ちなみに、花が咲いていいるのは2~3日と短いようです。
このマグノリア アシェイは札幌では冬越しが難しいので、百合が原公園では櫓を組んでその中に落葉を入れて越冬させています。

百合が原公園のマグノリア・アシェイ ⇒ https://yuri-park.jp/odheo/32361/

<マグノリア アシェイについて>
マグノリア  アシェイ(Magnoria .ashei)はモクレン科モクレン属です。 同属は世界で90種知られており、札幌でもお馴染みのハクモクレン(Magnoria.heptapeta) やコブシ(Magnolia.praecocissima)、ホオノキ(Magnolia.hypoleuka)もマグノリア  アシェイと同じモクレン属です。
モクレン属は、太平洋を挟んでアジア大陸とアメリカ大陸に隔離分布し、アジア大陸に多い。 アジアでは、ヒマラヤ、東南アジア、マレーシア、東アジアに、アメリカでは、北アメリカ東、東南部、中央アメリカ、南アメリカ北部に分布し、ほとんどの種が山地生である。 また、全種数のうち大半は熱帯・亜熱帯産で、残る温帯性のものが広く栽培されているが、高木性のものが多い。(園芸植物大辞典)

上記園芸植物大辞典ではモクレン属90種のうち14種を紹介しているのですが、すべてが温帯性の種で、熱帯・亜熱帯性のマグノリアはありませでした。今回紹介したマグノリア  アシェイは載っていませんでした。最新園芸大辞典や園芸大百科事典も同様です。
パソコンで調べると、GKZ植物辞典では以下のように書かれています。
・常緑樹で、
・原生地は北アメリカフロリダの森林地帯
・樹高は3~5m

マグノリア  アシェイは熱帯・亜熱帯性の種で、日本ではほとんど普及していない珍しい種のようです。

さらに調べていくと、マグノリア アシェイは※落葉樹で樹高は5~10mになるようです。※落葉樹;熱帯に生えるマグノリア  アシェイは葉を落さないのでしょうか?
また、マグノリア  アシェイは学者によって分類上の「種」について 意見が分かれている樹木で、ある学者はマグノリア  アシェイを固有種と考えており、別の学者は、マグノリア  マクロフィラ(Magnolia macrophylla)、英名をgreat-leaved magnolia(大きいはのマグノリア)の亜種※1と、さらに他の学者は変種※2と考えています。

※1 亜種生物分類における種より下位の区分の一つ。新ラテン語もしくは英語の “subspecies” の和訳語で、しばしば subsp. や ssp. とも略記される。 動物学では種の直下の区分は亜種のみであるが、植物学では変種および品種と併用している。動物学では亜種の下位区分として品種を用いる場合があり、犬種や人種などがこれに該当するが、これらを品種と認めない研究者もいる。

※2 変種;植物学における変種は、植物命名規約によって定められた、植物分類における階級の一つ。二名法で記載される学名の後ろに「var.」と省略されて表記される。なお植物新品種保護国際同盟では、変種の語を法律用語として扱っている。 国際動物命名規約では、種小名の後ろにつけられる階級は亜種のみが認められており、変種という階級は認められていない。 キタコブシはコブシの変種

亜種と変種の違いをイメージ的に言うと、
亜種は、火山の噴火など地形的な変異が起こって、1つの種が地形的に分断されて長期間に渡り交雑もなく独自の進化をすることにより、同じものであった一つの種が形質的に異なった形状を示すようになったもの。
変種は、ある地域で紫色の花が咲いていた草木に、突然変異で白花が咲くものができて、それが継続的に生存しているもの。
という感じでしょうか。
これを、マグノリア  アシェイに当てはめると、
マグノリア   マクロフィラという種が北アメリカの南東部に自生していて、地形の変動や突然変異など何らかの変異により、その種から新しい形質を持った個体群がフロリダの限定的な地域に現れたのです。それを研究していた学者さん達がマグノリア  アシェイという新しい独自の種と見るか、マグノリア  マクロフィラの亜種か変種と見るか、学者さんたちの考え方の違いにより学名が違ってくるのです。

マグノリア マクロフィラ;北アメリカ原産の落葉高木で、ホオノキよりさらに大きい葉をつける。長さ1m近い葉はモクレン属中最大で、枝端に集まって輪生状を呈する。葉色は白見を帯びた淡緑色。 花は帯黄白色で芳香を持ち、径30cmと大型である。(園芸植物大辞典)
原生地では樹高は20m以上になるようで、マグノリア  アシェイはそれの小型化、矮性化したもののようです。

 

 

 

 

 

 

と、