タマネギ(その3) 

2022.6.16
今春5月22日に写真を撮ったときには、畑は掘り起こされ、タマネギ苗を再度植え付けする?ために、畑はきれいに整地されていました。
それから、約1ヵ月弱、再度その現場に行ってみると、タマネギ苗が整然と植え付けられていました。
4月22日の植付け ⇒ タマネギ 植付 
2022.6.12
近づいて見ると、苗の大きさには少しバラツキがありますが、大きいもので草丈が15~20cmで葉数が5~6枚、小さいもので草丈10~15cmで葉数が3~4枚です。 4月22日に見たとき(植付け時)の苗の大きさは、草丈10cm前後、葉数は3~4枚でした。 その時期から比べるとぐんと大きくなっています。 東区の丘珠などタマネギが多く植えられている畑を見ていないので何とも言えないのですが、通常の5月上旬に植え付けられた苗に比べると小さいのでしょうね。

それにしても、ここの農家さん、タマネギ苗があって良かったですね。
推測するに、苗は元々2回植える分だけ準備してあったのでしょう。 それで、4月下旬、通常の苗を植え付けるより10日程も早く植え付けたのです。 もし、それが失敗しても、2回目をすぐに植える計画だったのではないでしょうか。

それでは、なぜ、そんなことをしたのでしょうか?
今年に入ってからタマネギが異常なほど高値を続けています。 その理由はいくつかあるようで、一番大きな原因は、全国の生産量の60%以上を占める北海道で、昨夏の異常乾燥(少雨)が超不作をもたらしたこと、それ以外にも、静岡、淡路島、佐賀など本州での産地でも不作だったことや、海外からの輸入タマネギでは、上海のロックダウンで輸入が滞ったことも高値が続く要因のようです。

このタマネギの高値が続いたことがここの農家さんに作用した?影響を与えた?のではないでしょうか? 他の人より早く植えて早く収穫すれば、高値で売れるという思惑が働いたのでしょう? それでも、通常のタマネギの植え付け時期より10日程早く植えるのは危険が伴うので、もし失敗したときのために、苗を通常の倍用意しておいたのでしょう。

これが2回植えの真相のように思うのです。 ただの推測ですが・・・・。

 

 

 

 

畑起こし 令和4年(2022)

今年も家庭菜園が始まりました。
今冬は雪が異常に多くて、我家の庭には4月10日過ぎまで?その後も?雪が残っていました。例年は4月20日前後から畑起こしをするのですが、今年は地面の乾きが遅くなるだろうと思って、少し遅めの4月25日頃から始めようと考えていたのです。しかし、バレイショを5月初めに植えるので、やはり、例年と同じ4月21日から畑起こしを始めました。その理由は、毎年、60㎡程の畑を4月20日から4月末までの10日間で終えるのですが、この歳になると、1日に10㎡程しかしないので、出来ないので、どうしても、1回目の畑起こしが終わるのが4月末になってしまうのです。
土は乾いていて、剣先スコップでの掘り起こしは思っていたよりも程度は良かったです。今春初めての掘り起こしは30分足らずで止めました。やはり土は重いです。剣先スコップで掘り起こしているとコガネムシの幼虫が出てきます。しゃがんでその幼虫を取り除こうと土に触れると、ほのかに土の香りがしてきます。札幌にもやっと暖かい春がやってきました。

2022.4.23

畑起しの時期になると、
「畑に堆肥を入れないとどうなるのか? 土がやせるとは?」
など土に関することが頭に浮かんできます。

野菜をつくるとき、堆肥(有機物)を入れないで、化成肥料だけを与え続けていると土がやせる、作物が穫れなくなる と言われています。
北海道は畑に毎年2㎏/㎡の堆肥を入れることをと推奨?しています。そうすると、畑の地力が維持できるのです。 自分でも数年に一度秋に落葉を入れたり、毎年、果樹の剪定枝を細かく切り刻んで入れたりはしていますが、2㎏/㎡の堆肥(有機物)は入れてないように思うのです。 ナスは半身萎凋病が出るのでダメなのですが、それでも、トマト、キュウリ等他の作物はそれなりに収穫できています。 キュウリは毎年5本植えて、120〜200本収穫しています。 昨年は、6月中旬〜8月上旬までほとんど雨が降らなかったのでベト病などの病気が発生しなかったのです。 そうしたら300本(60本/株)も収穫できました(そのかわり、潅水はしっかりとやりました 葉にかけるのではなく、畝間に水を時間をかけてじっくり染み込ませて)。
ということは、畑に堆肥を入れなくなったから急に作物が撮れなくなるのではなく、家庭菜園では、平米に何キロ入れたということよりも、毎年堆肥を少しづつでも入れようと思う気持ちが大事だと思っています。

有機物(樹木や草花、昆虫や動物の体など)を生産できるのは葉緑素を持っている植物だけです。人類も最近では人工光合成により有機物を合成して、近い将来には人工有機物が工場で生産される日が来るようですが、それは別の話として、植物は水と二酸化炭素と太陽のエネルギーでデンプン(有機物)を作っています。それを我々人間も含めた動物が食べて生きているのです。植物が生産したデンプンなどの有機物を消費するのは動物だけではありません。カビの仲間の菌類も、有機物を消費するのです。

消費者である人間を含めた動物は、口から食物(有機物)を入れて胃や腸で分解し、その分解された食物は小腸で血管から吸収されて血液で各細胞に運ばれます。そして、腸で吸収されなかった残りかすは肛門から排出されます。
一方、地球上のもう一つの消費者であるカビなどの菌類は、土中に細い細い菌糸を伸ばして、その先から植物の細胞壁を壊す物質を出して細胞内に入り、必要な栄養を吸収して自分の体をつくっています。
そして、菌類が食べ残したかす、動物で言えばうんこなどの排泄物が、土なのです。土は菌類が食べ残した残骸なのです。その残骸が植物の根を生長させるのに絶好の環境、つまり※団粒構造をつくっているのです。 それは、適度な通気性と排水性を持ち、かつ保水性と保肥力がある、と言われています。
菌類は有機物を分解して自分たちの体を維持するためのエネルギーをつくり、最終的には、有機物は水と二酸化炭素に分解され、リン酸やカリ、マグネシュウムなどの無機物だけが残るのです。 極端な言い方をすれば、菌類によって有機物が食いつくされた畑には石のような鉱物以外何も残らなくなるのです。
「土がやせる」ということは、多種多様な菌類が生息してた畑に菌類のエサがなくなったことを意味し、言い換えれば、「有機物のない、菌類の生息できない土、植物の根に理想的な環境を与えてくれる団粒構造がなくなってしまう土」ということになります。

※団粒構造
個々の土壌粒子が集合して団粒をつくっているもの。 団粒構造は土壌粒子がばらばらに存在している単粒構造にくらべ,大小さまざまの孔隙(こうげき)に富み,通気・通水性,保水性にすぐれ,土壌生物の活動も盛んで,植物生育も良好である。
(コトバンクより)

団粒構造 タキイネットショップより
https://shop.takii.co.jp/simages/shop/selection/soil_1006_02.html

 

新緑 大通公園と定山渓

所用があって街の中心部に行ってきました。 大通公園の樹木は新緑に包まれていました。
2021.5.8
大通西6丁目 ケヤキ これは5月8日の芽吹き時期 2021.5.18
10日後の5月18日 ケヤキは新緑に変わっています。 ケヤキは、シナノキ、イタヤカエデ、シラカバ、カツラなどの在来種に比べて新緑の時期が少し遅いのですが、今年は5月上旬が例年比べて寒かったせいか、多くの樹木が一斉に芽吹き・新緑になったように思えます。
2021.5.18
大通西8丁目 ハルニレ林 ハルニレは春早く4月に花を咲かせ、開花後の種子の翼が緑色をしていて新芽が吹き出したか?と勘違いをします。 しかし、この時期の緑は新芽・新緑の緑です。

2021./5.17
5月17日に日帰り温泉 定山渓湯の花に行ってきました。
豊平川沿いの山肌は、ちょうど新芽が吹き出す樹や新緑になったばかりの樹々におおわれていました それらの色合いは淡い黄や緑、赤味がかったもの、少し緑色を増したものなど微妙に違う色調が斑模様に山肌を染めています。 春紅葉(はるももじ)です。 ほんのひと時、この時期だけ見られる春の奇跡?です。
写真の赤味がかった樹木は、おそらくアカイタヤでは? 背後の山肌に鮮黄緑色はイタヤカエデではないでしょうか?
写真ではなかなかそのほんのりとした柔らかな色調を写し出せません。
2021.5.17
春紅葉(はるもみじ)とは広葉樹が本格的な光合成を経て新緑になる前に葉が本来持つ赤や黄色の色素が現れて紅葉したように見える現象を指します。一方、落葉前に葉が葉緑素を失って赤や黄色に見えるのが秋の紅葉です。(ウェザーニュース)
2021.5.17

植物の耐寒性について(その4) ツツジ・シャクナゲ類 

札幌で見られるツツジ・シャクナゲ類の自生地と耐寒性(ハーディネス)

   樹種名 分布(樹に咲く花) ハーディネス 札幌での越冬性

 

   備考
キバナシャクナゲ 北海道、本州中部以北、千島、サハリン、カムチャッカ、朝鮮半島、東シベリア なし 耐寒性あり ⇒ キバナシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ 北海道、本州中部以北、四国(石鎚山)朝鮮半島北部 なし 耐寒性あり ⇒ ハクサンシャクナゲ
アズマシャクナゲ 本州(東北、関東、中部地方南部 なし 耐寒性あり?(個人の庭で見かける)
セイヨウシャクナゲ 東アジアが中心で、北はシベリア〜南インドネシアに分布する種を交配 なし 原種、品種共に種類によってマチマチ ⇒ 西洋シャクナゲ(その1)
エゾムラサキツツジ 北海道、東シベリア、朝鮮半島北部、中国東北部、モンゴル Z5 耐寒性あり ⇒ 春を告げる樹の花(その2)
ムラサキヤシオ 北海道、本州(東北、中部の主に日本海側) なし 耐寒性あり
アカヤシオ 本州(福島県~三重県の太平洋側 なし 耐寒性あり?
(個人の庭でよく見かける)
⇒ アカヤシオ(その1):その花色が好きで
ヤマツツジ 北海道(南部)、本州、四国、九州 Z7 耐寒性あり、植栽場所による  ヤマツツジ
レンゲツツジ 本州、四国、九州、本道では南西部に自生しているといわれているが、自生地は不明(樹に咲く花) Z9 植栽場所による
エクスバリーアザレア ヨーロッパ、中国産、アメリカ産のツツジや日本のレンゲツツジなどをもとに改良された品種群の総称(北海道樹木図鑑) なし 場所による  エクスバリーアザレア
ミヤマキリシマ 九州(九重山、阿蘇山、雲仙岳、霧島山) Z9 植栽場所による
ヒノデキリシマ(キリシマ<クルメツツジ>)の改良種 九州 Z8b 植栽場所による
サツキ 本州(関東、富山以西) Z8 植栽場所による  サツキ
クロフネツツジ 朝鮮半島〜中国北部原産の落葉樹 Z4 耐寒性あり  ツツジにしては異色の名前です:クロフネ
ミツバツツジ 本州(関東、東海、近畿地方) なし 場所による  ミツバツツジ
リュウキュウツツジ キシツツジとモチツツジの雑種 なし 耐寒性あり、場所による  リュウキュウツツジ
ヨドガワツツジ 朝鮮半島 チョウセンヤマツツジの園芸品種で、雄しべが花弁化 なし 耐寒性あり  ヨドガワツツジ
ドウダンツツジ
本州(静岡、愛知、岐阜、紀伊半島)、四国(高知、徳島)、九州(鹿児島)
Z5 耐寒性あり   ドウダンツツジ 紅葉
サラサドウダン
北海道(西南部)、本州(兵庫県以北、四国(徳島)
Z5
耐寒性あり  

〇 札幌におけるハーディネス(Hardiness)と耐寒性(実際の越冬性)の関係性

ハーディネス  Z5 以下の樹種は、札幌の個人の庭や公園などでよく見かけるもので、 札幌で越冬し、耐寒性のある樹種でです。 その内のキバナシャクナゲ、ハクサンシャクナゲ、エゾムラサキツツジは北海道に自生しているので耐寒性があるのは当然ですが、一方、ドウダンツツジは本州の静岡以西に分布している樹種にも関わらず耐寒性があり。札幌で何の問題もなくに越冬します。
しかし、白いスズランのような花をつけるドウダンツツジは、一応ツツジの名前がついて同じツツジ科に属してはいるものの、サツキやカバレンゲのような筒状の大きな花弁をつける一般的なツツジの仲間、ロードデンドロン属(Rhododendron属)とは遠い関係?のツツジの仲間のようなので、同じレベルで越冬性、耐寒性を語るのは少し無理があるのかもしれません。

リュウキュウツツジについては、ハーディネスの記載がないので何とも言えないのですが、その親であるキシツツジとモチツツジの自生地は、前者が本州(中国地方)、四国、九州(北部)で、後者が本州(静岡・山梨~岡山)、四国なので、ハーディネスも関東以西に分布するツツジと同程度と推測されます。 札幌で見る限り、その耐寒性・越冬性はそれらに比べるともう少しあるように思われます。
昨年度(令和元年度)の札幌は降雪が少なく、灌木でも1月半ばを過ぎても寒風に晒されていました。 しかし、翌春には葉が褐色になったり、蕾が枯死して開花できなかったものもあったのですが、とりあえず、葉が枯れたのも部分的で、白い花を咲かせていました。
その耐寒性は、リュウキュウツツジの枝、葉、冬芽には茶褐色の比較的長めの毛が蜜に生えており、それが防寒の役目を果たしているのではないか と思っています。

ハーディネスZ8、Z9に属するサツキ、ミヤマキリシマ、ヒノデキリシマは、ときおり街中で見かけます。 特にサツキについては、ビルやマンションの外構植栽に使われるので頻繁に見かけます。 しかし、それらを見ていると、いつの間にかその場から無くなっているのに気付くのです。 おそらく、鑑賞に値しなくなって処分せざるを得なかったのでしょう。 昭和の終わりから平成初めにかけて新しく造成された公園に植えられたサツキやヒノデキリシマはとっくの昔に消えています。
ツツジ類の根は他の樹木の根に比べると特異的で、透明で細い繊細な根を持っていて、掘り上げると根が団子状態になります。 これらの根は乾燥に弱く、公園などで1日中根元に陽が当たるような場所に植えられたツツジ類は、数年もするとほとんどの株がなくなっていることが多々あります。 現在でも生きながら得ているツツジ類は、午前中だけ陽が当たるところや、高木の下に植えられているなど、地面が比較的乾燥しづらい場所に植えられているものが多いように思います。
ハーディネスがZ8、Z9に属するツツジ類は関東以西に分布するものが多く、成長期の6月は梅雨時で、7〜8月にかけては夕立や台風など十分すぎる程の水を浴びます。 一方、札幌を含めた北海道は、夏場の成長期間が短い上に、オホーツク海高気圧に覆われることが多く、7月には公園や河川敷の芝生が黄ばむほど雨が降らないことがあります。
ツツジ類の耐寒性を語る前段として、札幌の夏場はツツジ類にとって本来の生育を促すための十分な環境に無いように思うのです。 その意味では、個人の庭のツツジ類は、近くに建物があるので1日中陽が当たる環境ではなく、また、夏場に乾燥が続いた場合には潅水をしてもらえるなど、公園などに比べて夏場に十分成長できる条件が整っていて樹木の樹勢を保つことができ、冬囲いもしてもらえるので、冬越しもその体力で耐えられる可能性が大きいのです。

以上のことから、ハーディネス Z8、Z9 のツツジ類は、公園など環境の整わない場所では数年は生きながらえることはできても、その後は枯死する場合が多い(ほとんど)。 一方、個人の庭に植えられている類は、比較的長く生き延びているのです。

ヨドガワツツジは、札幌市内の公園で見かけるツツジで、ハーディネスの記載はないものの、ハーディネスZ8、Z9 のツツジ類に比べて十分な耐寒性を持っており、越冬性も高いようです。 ヨドガワツツジの分布域は朝鮮半島で、その中央に近いソウルやピョンヤンは、前者が仙台市、後者が秋田市と同じくらいの緯度に位置しています。 日本との違いは冬場は大陸性気候の影響をより強く受け、ピョンヤンの冬季(12月〜2月)の平均気温はマイナスで札幌と同程度の気温になり、しかも、降雪量が少ないので、そこに生息している植物は寒さに対する抵抗性を十分に持っているはずで、ヨドガワツツジが札幌の公園で生きながらえることができるのも当然かもしれません。

ヤマツツジの自生地は日本全国に分布し、北海道では道南で、エサンツツジが有名です。 なので、ハーディネスゾーンのZ7と耐寒性はあります、 しかし、個人の庭では立派に育っているものを見かけますが、公園などでは1日中陽が照るような、生育環境が厳しい場所に植えられているものは最終的に無くなっているものが多いようです。

シャクナゲ類については、キバナシャクナゲとハクサンシャクナゲは北海道に自生しているので耐寒性は十分にあり、生育環境を整えればどこに植えても育つようです。 アズマシャクナゲも個人の庭で見かけますので、キバナシャクナゲやハクサンシャクナゲほどの耐寒性はないにしても、札幌で十分育つようです。
一方、セイヨウシャクナゲは、東アジアの亜寒帯~熱帯?亜熱帯?まで広範囲に分布している原種及び品種を交配して作出されてるので、個々の種類によってその耐寒性(ハーディネス)は異なってきます。
また、シャクナゲ類は常緑性なので、耐寒性の高い種類でも通常の冬では葉に異常なく越冬するのですが、初冬期に異常な寒さに見舞われたり、例年になく降雪量の少ない年は、葉や花芽が枯死することがあります。

 

 

 

植物の耐寒性について(その3) ハーディネスゾーン(hardiness zone)

以下はアボック社から出版されている「日本名鑑」の植物耐寒ゾーン地図とその説明です。
ソース画像を表示
① この地図は、気象庁のデータを元に、各観測所における過去(1985年現在直近20~30年)の最低気温の平均値を算出し、USDA Hardiness Zoneに従って19のゾーンに分類したものを国土地理院の地図に重ね合わせたもの。
② 「日本名鑑」に掲載されている園芸植物の数(品種も含む)は6200種以上。 但し、ハーディネスゾーンの記載されていない種類も多数。

ハーディネスゾーンナンバーと温度hardiness_zone

3a:−37.2°C ~−40.0°C  4a:−34.4°C ~−31.7°C         5a:−28.9°C ~−26.1°C
3b:−37.2°C ~−34.4°C      4b:−31.7°C ~-28.9°C          5b:−26.1°C ~−23.3°C

6a:−23.3°C ~-20.6°C        7a:−17.8°C ~−15.0°C         8a:−12.2°C ~− 9.4°C
6b:−20.6°C ~−17.8°C       7b:−15.0°C ~−12.2°C         8b:− 9.4°C ~− 6.7°C

9a:− 6.7°C ~− 3.9°C         10a:− 1.1°C ~ 1.7°C
9b:− 3.9°C ~− 1.1°C         10b: 1.7℃~ 4.4℃

稚内;5、札幌;7b、東京;9a、大阪;9a、鹿児島;9b、那覇;11b

植物が寒さに対して露地栽培可能なゾーンをハーディネスゾーン(植物耐寒ゾーン)という。 すなわち、特別な防寒設備を施さなくても冬の寒い季節を生き延びられるかということで、当然ながら、植物の種類によってその耐寒温度は異なっている。 従って、これが問題になるのは、主に木本や多年草(常緑あるいは宿根~球根も含む)である。 つまり、好みの植物を庭に植えっぱなしにしておいてよいかどうか、である。「植物耐寒ゾーン地図」を利用すればその判断の目安が分かる。 そして、その土地の寒さに耐えられなければ、植栽を諦めるか何らかの防寒対策をとることになる。

 

利用の手順

① 植栽予定地のゾーンナンバー(a)を知る。
② 植物の特性情報のH;Hardiness に続けて示したその植物のゾーンナンバー(b)を確かめる。
abのナンバーの値を比べる。(a=b a≻b であればその土地寒さに耐えられる。)

例 居住地のゾーンナンバー:5
 (多年にわたる最低気温の平均値が-23.3℃~-28.9℃になることを意味する。 従って、単年では平均気値を下回ることもあることを忘れてはならない)
‘ b 植えたい植物のゾーンナンバー:4
 
(この植物は-28.9℃~34.4℃までの温度に耐えられることを意味する)
判定:a(5)>  b(4)なので、一応の目安として植えても大丈夫。

〇 植栽地を選ぶときの実際的ヒント
植栽地を選ぶにあたり、植栽地の地形、日当たり、風当たりなどの条件を考慮・加味すると、地図上のナンバーよりも、隣のナンバーを採用する方が適当な場合もある。
(1)乾燥気味の条件(土壌凍結を招きやすい過湿気味の条件よりもよい)。 たとえば、傾斜地、石垣の隙間、など。 また、日当たりの良い場所の石やコンクリートは日中に熱を貯めるので、夜間の気温低下を緩和する。

(2)建物の南側に植え場所がある。 屋根があればなおよい。 建物の南側は日当たりが良いので、より暖かい温度条件が得られるからである。 また、北風を防ぐので、寒害が緩和される。 張りだし屋根があると建物の暖気・保湿性の影響を受けることができる。

(3)斜面の中腹。 冷たい空気が滞留しないから、冷たい空気を防ぐ垣根などがあればなおよい。

(4)降雪条件。 深い雪の下は外気温の影響を受けにくく、「地図」上では耐寒温度を下回る地域でも、積雪地域であれば露地での冬越しが可能な場合がある。

これを「札幌にハナミズキを植える」に当てはめると、
a   居住地;札幌のハーディネスゾーンナンバーは6b(-17.8℃ ~ -20.6℃)となり、
b  植栽樹木;ハナミズキ の  H;ハーディネスゾーンナンバーは( -23.3℃ ~ -28.9℃)となります。

a(7b)>  b(5)なので、特別な防寒設備を施さなくても冬の寒い季節を生き延びられる ということになりまます。 しかし、札幌市内では冬場に最も気温の低くなる場所にある滝野すずらん公園のハナミズキは枝先の枯死もなく花を咲かせる一方、市内でも北風に晒されるような場所では、花芽や枝先の枯死が見られるものもあります。 このことは、上文(1)~(4)の中で、(2)が当てはまりそうです。 また、上文(2)の「屋根があればなおよい」には樹木なので無理がありますが、もし、建物のなど北風を防ぐものがない場合、防風ネットを張るなど何かしらの工夫が必要なようでです(特に幼木や植栽した最初の冬)。

次回、植物の耐寒性 その(4)では、札幌で見られるツツジ類の越冬性とハーディネスゾーンの関係を検討します。