2021年の夏

上の表は、札幌の2021年7月1日~8月19日までの気温とその間に降った雨(降水量)を示したものです。 青線は日ごとの平均気温、赤線は過去30年間の日ごとの平均気温、 黒線は降雨量です。
図の下部にある1~49の数字は日日で、数字の1は7月1日、31は7月31日を、31の次の数字33は8月2日を表し、数字49は8月19日と読み替えてください。 図左側の数字0~60は、温度(℃)と降水量(mm)の単位です。

以下の文章は、あるwebページの今年の8月7日に書かれた北海道の猛暑に関する記事です。
道内での連続猛暑日は今日で15日連続となっており、今年更新中の最長記録をさらに更新しています。昨年までの最長記録は2018年などの4日連続で、今年はそれを大きく上回る記録となっています。
また、札幌でも午後3時までの最高気温が31・9度と真夏日となりました。連続真夏日記録は今日で18日連続となり、日毎の気温の記録が残っている1879年からの統計史上、最長の記録を更新しました。これまでの最長記録は1924年7月28日から8月13日にかけての17日連続で、97年ぶりの記録更新となりました。

上図の気温のグラフ線は平均気温です。最高気温は平均気温に約5℃を足したものなので、今夏は図の30℃線を超える日が続いたことになります。
確かに今夏は暑かったです。 特に夜温が下がらす寝苦しい夜が続いたのが印象に残っています。 札幌に来て40年以上になりますが、こんなに暑い夏は初めてのことことです。 今夏は何十年ぶり、いや、100年に一度の暑さだったのです。
そしてもう一つ、今夏の特徴は雨が少なかったことです。 上図は7月からの気温と降水量ですが、今夏は7月と同じように6月下旬からも雨が少なかったのです。 気象台によると、札幌の6・7月の降雨量は、

2021年       過去30年間の平均
6月  50.5mm      60.4mm
7月   7.5mm      90.7mm

この表を見ると、2021年6月の降雨量は過去30年の平均値と大した差はないように見えますが、6月20日に14.5mmの降雨があってからほとんど雨は降っておらず、それが8月上旬まで続いたのです。
2021.7.26
豊平川に架かる橋、ミュンヘン大橋と藻南橋の中間辺りから上流側(南区方面)を撮ったものです。 赤茶けているのは芝生。
2021.7.26
上の写真と同じ場所から反対の下流側(街の中心部に向かって)撮ったもの。 白っぽいベージュ色の部分が干しあがっている芝生地。 堤防斜面の緑色の部分はムラサキウマゴヤシ(アルファルファ)とイタドリ。 ムラサキウマゴヤシの根は地下10mくらいまで達するといわれています。 堤防の表土流失を防ぐにはもってこいの植物材料のようです。

今年2021の夏は、高温と少雨の夏だったのです。 北海道の小麦は収穫時に好天が続いて豊作だったようですが、タマネギとジャガイモはコロッコロの小さい玉しか収穫できていないようです。
一方、我家の家庭菜園は好天に恵まれて大豊作でした。 高温と少雨だったことが、病気の発生を抑制したのです、キュウリは5株植えて200本を超える収穫ができました。 例年は6月初旬にキュウリの苗を定植して1ヵ月も経たないうちに葉に褐色の斑点が出始め(べと病)、7月下旬になると褐斑病と思われる症状が下葉に拡がり、8月上旬には下葉がなくなること(葉に病気が拡がり、それを防ぐために除去)が多かったのです。 しかし、今夏はお盆を過ぎてもその症状の出方が少なかったのです。 6月下旬から8月上旬までほとんど雨が降らなかったことが病気の発生・拡大を防いでくれたのです。 トマトも例年になく甘味のあるものが収穫できました。 その要因は雨が少なく日照が十分あったことと思っています。
その代わり、8月に入ってからは畑の潅水に追われました。 潅水といっても、ホースの蛇口からシャワーのようして水をかけるのでは十分に地面に染み込まないので、作物と作物が植えてある間の通路に水を満たすのですが、ほぼ毎日1時間ほど潅水をしていました。 10月に払う水道代が少々心配です。

それでも、今夏の我家の家庭菜園は、畑作農家さんには申し訳ないのですが、美味しいものが収穫できて満足のいくものでした。
暑い暑い夏も悪くはありません。 しかし、夜温がもう少し下がって、20〜21℃になってくれれば最高なんですが。

 

エゾユズリハ  冬芽

2017.5.4
写真は北大植物園の北方民族植物標本園にあるエゾユズリハ。
冬芽は膨らみ始めていて、写真中央の細長い紡錘形をしたのが葉芽、その基部に4個の丸い玉が花芽。
撮ったのが5月4日。 この日は「みどりの日」で入園無料。 北大植物園の開園日が4月29日。 なので、冬芽を撮ろうとしても時期的に無理なのです。 冬芽は以下のサイトを参照してください。

⇒ 気ままに自然観察

2014.5.11
葉芽の展葉と冬芽(花芽)が開いてたくさんの蕾が見える。

2014.6.8
それから約1か月。 蕾は開花。 エゾユズリハは雌雄異株で、写真は雄花(雄花序)のようで、個々の花は雄しべだけで花弁も萼もない。(樹に咲く花)

2015.10.4
10月に果実の表面が粉を吹いいたような、黒みがかった淡青紫色の実をつける。


2012.6.8                                        2012.7.22
ユズリハは名前のとおり、春になって若葉がのびると、古い葉は「若葉に譲る」ように散ることからその名がつけられたようですが、実際には、写真左のように新葉が開くと同時に2年生葉が枯れ落ちるのと、写真右のように新葉が成長しても2年生葉が元気なものもあり、それぞれの株で葉の譲り方は異なるようです。

⇒ エゾユズリハ:譲らない葉

南中について

朝目覚めて窓のカーテンを開けても薄暗く、日中も曇りの日が続くと太陽の光と暖かさが恋しくなります。なぜか?そういう時期に国立天文台暦計算室の「札幌の日の出日の入り(こよみ)」を見ることが多くなります。 いつもは日の出日の入りだけを見ていて、南中時刻という欄があることに気づいてはいても意識はなかったのでしょう、しかし、今回はたまたまその欄を見て不思議に思ったことがあります。

南中とは、その日の太陽の位置が真南で真上(一番高い位置)に来る状態のことです。 時刻で言うと本来は12時に当たるのですが、札幌の場合、兵庫県明石市(日本の標準時刻)を通る東経135度と札幌の東経141度とに約5度の差があるため(地球は反時計回り)、札幌の南中は日本の正午より早く来ることになります。
我家の窓は真南に面しており、午前11時半頃、太陽光線が真っ直ぐに入り込むので、私は札幌の南中(12時)は日本の南中より30分ほど早く来て、時刻は年中変わらないと思っていたのです。 それなので、日本の標準時刻の明石は1年じゅう南中は12時と思っていたのです。 ところが、札幌の南中時刻の欄を見ると日々変わっていて、年間を通して見ても南中の時刻が月によって早晩があるのです。 神戸市もやはり札幌と同様に南中の時刻が日々変わっていて、最大で30分の早晩があるのです。

〇 札幌市と神戸市の南中時刻
国立天文台の「日の出日の入り」は、各都道府県の県庁所在地のみの掲載になっているので、明石市に最も近い神戸市を採用。
`       札幌(140°21′16″) 神戸(135°11′44″) 明石(135°)
1月1日   11:38     12:03
2月1日   11:48     12:13
3月1日   11:47     12:12
4月1日   11:38     12:03
5月1日   11:32     11:56
6月1日   11.32     12:03
7月1日   11.39     12:03
8月1日   11:41     12:06
9月1日   11:35     11:59
10月1日  11:24     11:48
11月1日  11:18     11:43
12月1日  11:24     11:48

数字ではわかりにくいので図にすると、

➀ 青線:札幌市、赤線:神戸市
⓶ 左の数値は時刻 11が11時で、12が12時。小数点に6をかけると分になる。
例:11.8=11時8×6分=11時48分

図で見るとわかりやすく、月毎に南中時刻が波打つように変わっています。 2月が最も南中時刻が遅くなり、11月が最も早くなります。 「秋の日は釣瓶落とし」の慣用句?諺?がありますが、これは秋は日の暮れるのが早いことの例えで、秋分の日を挟んで8月のお盆頃から11月中旬まで毎日約1分強日の入りの時刻が早くなっているのですが、それに輪をかけて、この時期(10月下旬~11月上旬)に南中時刻が最も早くなることで秋の日暮れをより一層早く感じるのでしょうか。 反対に、2月は毎日1分強づつ日が長くなり、南中時刻が1年で最も遅くなるので、日が長くなるのを感じるのでしょうね。

それにしても、なぜ南中時刻が変化するのでしょうか? ネットで検索すると詳しく説明しているページがいくつもあるのですが、太陽と地球の位置関係や地球が自転しながら太陽の回りを回っていること、地球の自転軸が23.4°傾いていることを頭に描いてそれらを読むのですが、なかなか、どうしても南中時刻が変化するイメージが浮かび上がってこないのです。 というより、理解しようとすることが面倒臭くなってあきらめたのが本音です。 自分の理解力やイメージする力のなさを感じてしまいます。 とりあえず、国立天文台のページを載せておきます。

 南中時刻は変化する

 

 

学校緑化  石山緑小学校

平成31年4月に石山小学校と石山南小学校が統合されて、石山緑小学校が新しく開設されました。 統合される前の石山小学校の校庭(グランド)は狭かったために、それに合わせて学校用地を拡張し、そこに新校舎を建てて、旧校舎を解体した跡地を校庭(グランド)したのです。 ということで学校全ての施設が新しく建て替えられたということになります。
2020.6.15
石山緑小学校正面の植栽。 比較的大きめのオンコ(イチイ)とサクラが植えられています。 これらの内のオンコ(イチイ)は、おそらく旧石山小学校にあったものを
移植したようです。
2020.6.15
グランドの植栽。 写真ではわかりづらいですが、グリーンのネットフェンス沿いに
生垣があります。 グランドの植栽はそれだけで、多くの学校にある、エゾヤマザクラ、シナノキ、ヤマモミジ、プラタナスなどの高木類の植栽は見当たりません。
2020.6.15
垣根の高さは60cm程で、ヤマツツジが植えられています。 2020.6.15
学校の裏手にはエゾヤマザクラが20本程度、住宅地との境界には、グランドと同じ生垣が設けられています。

<学校緑化について思うこと>
今から48年前の昭和47年、札幌市が政令指定都市になった年(オリンピックが開催された年)の人口は約105万人で、私が札幌市のみどりの推進部(当時の名称:緑化推進部)に属いていた昭和60年代の人口は約160万人です。 その13年間に人口は約55万人が増加しているので、その当時は毎年4万強人口が増えており、それに伴って小中学校が何校も新設されていました。 学校が新設されると、学校の周囲に樹木が植えられます。 それは、札幌市の教育委員会が当時の緑化推進部に「これこれの予算で学校の緑化をお願いします」というようにその植栽の委託をするのです。 そうすると、緑化推進部の工事担当者が学校植栽計画図をつくり、それを教育委員会の担当者と新設の小学校に説明し、了解を得た後に、工事に着手するのです。 植栽工事終了後それを教育委員会に引継ぎ、この委託業務は終了します。
その当時、新設学校の植栽ではグランドの周辺に高木を植えるのは、当然、当たり前で、石山緑小学校のように、高尺フェンスの下に高さ60cmの生垣だけで終わるなどとは考えも及ばなかったのです。 教育委員会が緑化推進部に委託する予算もグランドの周辺に高木を植えるだけの額が積まれていました。

日本が戦後復興を果たし、1960年代から産業の高度成長期に入ると、全国で石油コンビナートなどの大規模な工場が建設され、産業の振興による大都市へ人口流入が起き、東京や大阪などの都市部では大幅に人口が増加しました。 それに伴い都市部とその周辺地域の田畑や森林が工場や道路などの用地として開発されていきます。 そして、それが行き過ぎてしまった結果、全国各地で公害問題が発生し、都市部及びその周辺での自然破壊が急速に進み環境問題として発展していきます。 それに呼応するかのように、自然を守ることの大切さや都市部での緑の重要性の機運が高まってきました。 札幌市においても、1970~90年代にかけては都市人口の増加に伴い大小様々な公園がつくられ、市民の緑を増やすことや守ることに対しての意識は強かったのです。 このような背景のある時代に新しくつくられた学校も、当然のように多くの樹木を校内に植えられました。

しかし、校内に植えられたプラタナスやサクラなどの樹木も10年、20年と経つと相当大きくなり高尺フェンス脇に植えられた樹木の枝がフェンスからはみ出したり、住宅地沿いに植えられた樹木は越境して落葉や日陰になるなど苦情が来たり、また、強風が吹くと枝が折れて、それが子供達に危険であるとの父兄から苦情が来たりなど、樹木が大きくなることによって様々な問題や課題が出てきたのです。

公立の学校の先生は学生に学問を教えることが仕事で、建物やそれに付随する施設の改修など維持管理に伴う費用は教育委員会が持っています。 樹木が大きくなって父兄や近隣住民からの苦情がきても学校側は自分の意思で樹木の剪定などその苦情への対応は出来ず、教育委員会の判断を待たなければなりません。 それが直ぐにできるものか?1年待たなければならないのか?、その判断は教育委員会が持っています。 学校側にとっては歯がゆいというか、もどかしいというか、事態を自分たちの意思で決められない苛立ちが増してきます。

そんなことを繰り返していると、新しい校舎を建てる話が出てきたとき、学校の先生たちも教育委員会の担当課も、校内の植栽はなるべく問題が起こらないような樹種や形態にしようということになります。 その結果が石山緑小学校の学校植栽に現れた姿だと思います。

それでも、新学校の名称が石山緑小学校であるように、「緑」という単語は人々にとってイメージとしては大変良いのですが、身近で迷惑な緑はやはり敬遠されるようです。

 

雪化粧

シベリアから寒気が南下して、日本列島は今冬一番の寒さになりました。 札幌もここ2日程、最高気温が-5℃、最低気温が-10℃前後の寒さが続いています。 この寒気の襲来で本州と北海道の日本海側は大雪となっているようです。 我家の周辺(南区石山)の降雪は20cmとそれ程でもないのですが、札幌の中心部では40cm以上となったようです。

札幌管区気象台によると、道内主要22観測地点の1月の降雪量がいずれも平年を下回り、平均すると平年比47%で1961年の統計開始以来最も少なかったそうです。 もしかすると、2020年の1月は1世紀に1度あるかないかの少なさで、現在札幌に生きている人の誰もが経験したことのない少雪だったかもしれないのです。
それが一転して2月に入るや否や大雪となり、1日の降雪が40cmを越えるのは20年ぶりだそうです。

2020.2.6
久しぶりのまとまった雪で、我家のお隣さんの屋根、道路脇に積まれた雪、車が走る舗装面、見るものすべてが新しい雪で真っ白になって、 それに加えて雲一つない快晴が雪化粧に新鮮さを与えています。

早朝の散歩に出かけると、靴底からきゅっきゅっ金属音が聞こえます。 もう少し暖かいと、その音がぎゅっぎゅっと音が濁ります。 少し歩くと、顔に当たる空気が肌に突き刺さって頬が痛くなってきます。 おそらく気温は-12〜13℃になっているのでしょうか。
道路にはジョンバーで玄関前の除雪をしている人、除雪機で雪を飛ばしている人など、普段より多くの人を見かけます。

国道沿いを歩くと、つい先日までは通り過ぎる車の音がゴーゴーとうるさかったのですが、この日は静かです。 舗装面は真っ白な圧雪なので、車もゆっくりと走るためか、その音はスースーと静かなものです。 辺り全体が1月のうるささから新雪に包まれてもの静かな雰囲気に一変しました。
2020.2.6
普段の散歩コース。 時刻は朝7時半過ぎ。 2020.2.6
まだ陽が出たばかりの低い太陽光線に細い枝の先まで雪をまとった樹木が映えます。  光と影。 雲一つない空。 今冬初めての新鮮な雪景色。

しかし、細い枝に積もった雪も少しの風で落ちたり気温の上昇で溶けたりで、午後になるといつも見かける冬の枯れ木に戻ってしまいます。
一瞬の、束の間の、ほんのひと時の美しさです。