ブドウ(その3) 花ぶるい

6月9日に1回目のジベレリン処理(推定満開14日前、種なし化)をして、約1ヵ月後の7月8日に2回目のジベリン処理’(満開10日後、果実肥大と熟期促進)をしました。
その処理の時期が適正かどうかははっきりしませんが、とりあえず、処理をしたので、種なしぶどうができるのを楽しみにしています。
ところが、ブドウの生り方(房の状態)を見ると、下の写真でもわかる通り、スーパーで売っているような実がびっしり詰まった房にならないで、バラバラというか、歯抜けの房なのでです。 調べると、この現象を「花ぶるい」と言うそうです。
2022.7.11
左;デラウェア、右;バッファロー

原因は、
① 樹勢が強くて、若木の場合
② 短く切り詰める強剪定をした場合
③ 窒素肥料の与えすぎ
④ 巨峰など大果系に品種にこの傾向が強く現れる
などがあるそうですが、
②の枝を短く切り詰める強剪定はしておらず、昨秋、枝に7芽残す長枝剪定をしていて、
③の窒素肥料の与え過ぎについては、今春まったく肥料は与えていないし、
④の巨峰などの大果系品種ではなく、中果系のバッファローと小果系のデラウェアなので、
②、③、④は該当しません。 残るは①の樹勢が強くて若木の場合ですが、
「花ぶるい」が起きる大きな要因は、
樹勢が強いため新梢がよく伸び、そのために養分が新梢の生育にのみ奪われて、果実の肥大まで行き届かない
ということなので、①が大きな要因として当てはまりそうです。
その対策として、
① 短く切り詰めるような強い剪定をしない
② 徒長枝を出さないように気をつけ、徒長した枝は開花3~5日前に、新梢先端を軽く摘心する
③ 冬季剪定では、大果系は7~8芽残す長枝剪定、小果系品種のデラウェアでは、1~2芽残す短枝剪定が良い実をつけやすい
とあるようですが、
①の「短く切り詰めるような強い剪定をしない」とありますが、小果系のデラウェアは③にあるように「1~2芽残す短枝剪定が良い実をつけやすい」とあり、どうすればいいんだ という感じです。
②の「徒長枝を出さないよう気をつける」とありますが、徒長枝とは花房をつけない新梢のことと理解すると、我家のブドウは、昨秋剪定時に約7芽残す長枝剪定をしたのですが、その枝のすべての芽から出た新梢に花房ができていたので、徒長枝はないのです。この徒長枝とはどういう意味なのでしょうか?
ブドウは、今年実をつけた枝は秋に剪定します。来年実をつける枝は今年実をつけてない枝を使います。その意味で、徒長枝とは来年の成枝(実をつける枝)のことを言っているのでしょうね。
そう考えると、我家のブドウはほとんどの枝に花房をつけたので、来年の成枝を育てるには、現在実をつけている枝の房を取って、成枝にする必要があります。
いやはや、ブドウはリンゴなどの果実に比べて病虫害が少なく育てるのが比較的楽と思って植えたのですが、スーパーに売っているようなものをつくろうと思うと、なかなか手間のかかる作物のようです。
さらに、若木は樹勢がお旺盛なので、花ぶるいが出やすいと言われていますが、若木とは何年くらいまでのことをいうのでしょうかね? 我家のブドウは昨年植えたばかりなので、これから数年?十数年?はこの「花ぶるい」を防ぐ対策と、どの枝を残す?、どれくらい切り詰める?という剪定に悩まされることになるのでしょうか。
これからしばらくは、経験と勉強が必要なようです。

 

ブドウ(その2) ジベレリン処理(その2)開花

推定満開予定日14日の6月9日に1回目のジベレリン処理(目的;たねナシ)をしたのですが、2回目(目的;熟期促進)の処理は6月23日です。 その前日の6月22日にブドウの開花状況を確認してみました。

2022.6.22 左;デラウェア、右;バッファロー
6月9日、ジベレリン処理をした当日は、デラウェアの花房は小さくバッファローの方が大きいので、こちらの方が 開花も早いかな と思っていました。 しかし、6月22日に確認すると、デラウェアは房の半分以上が開花しているものもあるのに対して、バッファローはデラウェアより開花が遅く、全然開花していない花房もありました。
このことから、デラウェアの方が推察満開予定日に近い日にジベレリン処理をしたようなので、種なしになる確率が高そうです。

<余談 その1>
「北の果樹園芸」でブドウのジベレリン処理について読むと、
・ジベレリン処理の目的は、推定満開予定日14日前に処理する1回目が種なし化で、2回目は、果粒肥大化と熟期促進
・処理時期の目安として、開花14日前の他に、葉が9〜10枚展葉したころ
・もっと大まかな目安として、ニセアカシアの花が咲く頃
(6月9日の1回目のジベレリン処理をしたころ、札幌ではちょうどニセアカシアの花が咲いていました。)
・北海道で昔から栽培されているブドウの品種、キャンベル アーリーと ナイアガラには効果なし
だそうです。

<余談 その2>
植物ホルモンであるジベレリンはブドウの花に作用して棚なし化するのですが、もっと詳しく説明すると、
花粉および胚珠の形成過程に影響を及ぼして両方の稔性を失わせるために受精が、その結果種子形成が起こらない(日本植物生理学会「みんなの広場」
だそうです。

 

 

ブドウ(その1) ジベレリン処理

私は本州の中央部、福井県出身なので、ブドウと言えば小粒の茶ブドウ(デラウェア)でした。 子供のころの我家では、お盆に祭壇を設けて、親戚の人たちが集まって念仏を唱えるのですが、その祭壇には必ずブドウが供えられてたのです。 当時、戦後15年程しかたってない昭和30年代前半で、おやつも今の時代に比べると貧弱だったので、母親から「食べてもいいよ」といわれるのが待ち遠しく、それほどに茶ブドウを食べられるのが楽しみだったことを憶えています。
しかし、その頃のデラウェアにはタネがあったのです。 口の中でブドウの皮をむいたときに拡がるデラウェアの上品な甘さは最高なのですが、舌でタネを取り出すときに酸っぱ味が出るのがほんの少し不満のあるところでした。 そうかといって、そのような食べ方が普通だったので、タネを出さずに食べるという発想はなかったのです。
しかし、種なしブドウが市場に出だすと、種ありのすっぱさは今一で、茶ブドウ(デラウェア)は種なしでないと食べなくなったというか、市場に出なくなってしまいました。デラウェアは種なしが一般的になったのです。 それでもいまだに、ブドウを食べるときは、舌でタネを取り出す癖は残っています。

2022.6.12
左:バッファロー、右 ;デラウェア

そんな思いもあって、昨春、デラウェアとバッファローの2品種のブドウ苗木を庭に植え付けました。 そうすると、今春、2品種とも新芽が伸び出すとともに、小さな蕾を持ったブドウの房が葉柄の基部からにたくさん出てきているのです。

[ 2022.6.12
左;バッファロー 房の長さは10cm強 
右;デラウェア 房の大きさはバッフローより一回り小さい。
ジベレリン処理をしたのが6月9日でなので、その時の房は一回り小さかった

種なしぶどうにするためには、ジベレリン(植物ホルモン)処理をしなければなりません。早速、最寄りのDCMホーマックで買い求めました。 箱に入っていて、5錠で1000円でした。 少々高いなと思いながら・・・・・。
使い方は、その錠剤を水に溶かしてブドウの房をその液に浸漬するのです。回数は2回。1回目は満開予定日14前、2回目は満開後10日です。
満開予定日14日前と言われても、今春初めて花が咲くので、それがいつだか判りません。ジベリリンを買い求めた日=6月9日に14日を足せば6月23日になります。 おそらく、その頃、7月に入る1週間前には満開になっているのだろう、いや少し遅いのではないか?、と思いながら、ジベレリン処理に取り掛かりました。
ジベレン1錠剤を溶かす水の量が50ccと少ないので、ブドウの房全体を浸漬できる容器を食器棚、洗面台等家中を探してやっと見つけました。75ccのヨーグルトの容器でした。 それに白い錠剤を入れてかき混ぜて溶かしました。

ブドウの開花期が分からないので、今回のジベレリン処理に効果があるのかどうかは不明です、また、デラェアとバッファローでは開花期が違うことも影響があると思われます。そうはいっても、とりあえず、ジベレリン処理をして結果を見るしかありません。
この時期のブドウ房は立っているので、手で房を押し下げて溶液に浸漬しました。 満開10日後(6月末?)に2回目の処理をする予定です。

 

 

 

ブドウ  剪定

2021.11.14
ブドウの剪定時期は落葉後 と言われているので、その時期を待っていたら11月下旬になってしまいました。 近くの公園や豊平川沿い山肌はすっかり冬枯れしています。
上の写真は11月14日に撮ったもので、左側のバッファロー(ブドウの品種)は 黄葉していますが、右側(デラウェア)にはまだ葉に緑色が残っています。 また、このブドウ2種は今春5月にインターネットで購入した苗木を植えています。
2021.11.28
いつ落葉するか?と待っていたら、11月28日になってやっと葉が落ちました。その前日に雪が降って、その重みで落葉が早まったようです。 もし雪が降らなければ落葉は12月に入っていました。 ブドウの落葉は意外に遅いようです。

〇 剪定について
北海道では、リンゴやナシなどの果樹の剪定は春先、2月下旬〜3月にかけて行うのですが、ブドウは落葉後の晩秋?、初冬に行います。 その理由は、春に剪定をすると、 剪定した枝の切口から樹液が出て、樹勢を弱めるためです。

実際に我家のブドウを剪定するする前に、基本的な情報を調べてみました。
① ブドウは当年枝(今年伸びた枝)の基部の3~5節の葉柄基部(葉があった痕)に花芽をつけて、翌春開花して実をつける
② ブドウを生らせる房数は坪当たり(3. 3㎡)15房程度
⓷1房に必要な葉の枚数は、巨峰などの大粒種で30枚、デラウェアなどの小粒種で20枚
④ 剪定の仕方は、新梢基部の2~3芽残す短枝剪定と 5~7芽を残す長枝剪定があり、実際にはこの二つの組み合わせた剪定となる
⑤ デラウェアの小粒品種は1新梢に2房、バッファローやキャンベルなど中粒種は1新梢に1~2房を結実させる
⑥仕立方には 棚仕立てと垣根仕立てがあり、また、我家の仕立て方、垣根仕立てにもいろいろの仕立て方ある
➆ 枝の剪定位置は芽と芽の中間できる。 理由は、芽の近くで切るとその芽が枯れ込みやすい

①~➆まで剪定についての基本的な事柄を並べましたが、関係書物やウェブサイトを読むとまだまだたくさんの情報が得られます。 しかし、それらを読めば読むほどどうすればいいのか判らなくなってきます。
それで実際の剪定では以下の考え方で行いました。
① ブドウの花芽は新梢基部につくので、とりあえず、太い枝5本を残して細い枝をすべて切り落とす
② 残した5本は5~7芽残す長枝剪定とする
2021.11.28
写真は、剪定を終えた姿です。 見にくいですが、赤みを帯びた枝が5本ほど四方に伸びています。 これらが剪定後に残った枝です。

今春植えた苗木なので、来春花が咲いて実が生るかどうかは分かりせん。 本来なら、2~3年は実を生らさないで木を充実させた方がいいのでしょうが、もし、来春花が咲いたら、1~2房だけ実を生らせて育ててみたいと思っています。

 

 

 

 

ブドウ苗木の植付け

昨年の秋にプルーンを伐採しました。 その場所にブドウの苗木を植え付けしました。 植え付け前に迷ったことが2つあって、一つは棚にするか柵にするか?ということと、もう一つは、どの品種を植えるか?ということでした。

一つ目の棚か柵か?については、
➀ 庭に棚を設置すると場所をとる、畑が狭くなる
➁ 設置(造作)が柵に比べて難しい
➂ ブドウは毎年剪定をする必要があるので、その作業が頭上で、しかも棚に絡みついたツルを処理するのに手間がかかる、作業性が悪い

以上の理由でブドウ柵にしました。
ホーマックで直径3cmほどの鋼管を購入、写真のようにつなぎ合わせて組み立てました。 柵の高さは約2m、幅は3mで、鋼管の間は針金を30~40cm間隔で張りました。 直径2mmの針金でもピンと張るのは難しく波打ってしまいました。 風で倒れないように鋼管を焼き丸太で支えています。 おそらく、このブドウ柵で強風にも耐え、10年くらいは持つと思うのですが・・・・・・。 来年、少しは収穫できるのではないかと楽しみにしています。
2021.4.15

二つ目のどの品種を植えるか?については、北海道で古くから栽培されているブドウ品種、キャンベルアーリー(果皮:黒紫)やナイアガラ(白)、ポートランド(淡緑)などの品種がありまが、 その中で、キャンベルアーリーは甘さの中に適度な酸味があって美味しいのですが、種の回りが酸っぱいのが難点で、残りの二つの白系のブドウも自分の好みではないので当初から植え付けようとは考えていませんでした。
それでネットで調べると、ブドウには巨峰や昨今スーパーでよく見かけるシャインマスカットなどの大粒の品種からデラウェアのように小粒まで多種多様な品種が数十種以上あるのです。 しかもそれを植え付けるに当たって考慮する条件は、味、栽培の難易度、粒の大きさ、果実の色などいろいろあって、どの品種を選ぶかは非常に迷うところです。 特に巨峰やシャインマスカットのように大粒品種は札幌では生育期間の温度が不足(夏場の気温が低い)して果実は生っても甘くならないために、総着果量や一房の着果数(粒数)を制限するなど、栽培管理が難しいようです。

ブドウは沖縄から北海道まで栽培が可能な果樹ですが、それぞれの品種には栽培の難易度や寒さへの適応度など、その品種が持っている特性があり、特に札幌(北海道)の場合は、この地方の寒さに耐えられるか?(耐寒性)が重要になります。 昔からこの札幌周辺で植えられている品種以外でどの品種がそれに適応するか?(推奨品種)を参考図書(北の果樹園芸:北海道新聞社)で調べると、以下の品種が載っていました。

① ポートランド(中粒)
② キャンベルアーリー(中粒)
③ ナイアガラ(中粒)
④ ノースレッド(中粒)
⑤ ノースブラック(中粒)
⑥ デラウェア(小粒)
⑦ バッファロー(中粒)

①、②、③ は除外して、④~⑦の品種の中から選ぶことになるのですが、自分としてはタネ無しであることが重要なポイントだったので、④ノースレッドと⑤ノースブラックが外れて⑥デラウェアと➆バッファローが残ります。 少し手間はかかりますが、⑥、➆は共にジベレリン処理でタネ無しにできるので、この2品種に決めました。 特に、③デラウェアは、初心者にも作りやすい品種ということと、遠い昔の子供のころ、お盆の祭壇に供えられていた、あの上品な甘さの懐かしい記憶も手伝って、デラウェアに決めました。
2021.4.15
デラウェアとバッファローの2品種を購入、写真はデラウェアの苗木。 高さは50cm程。
デラウェアは新葉が開く前の苗木でしたが、バッファロウは新芽が3cm程伸びていました。 よく見ると、その新芽はこれから勢いよくのびるのではなく、水気がなく枯れてしまいそうなのです。 おそらく、5月中下旬に新たに芽が伸び出してくるのではないか?と思っています。 苗木の注文が少し遅く、3月下旬にすべきだったのか? と思っています。

〇 ブドウのウィルスフリー苗について

ウィルスフリー苗を使う理由は、アブラムシなどの昆虫やセンチュウ類、土壌菌などが植物体に侵入若しくは傷をつけることで、その時にウィルスが植物体に悪さをすることで葉が小さく縮れたり、斑模様になって植物体を弱らせる原因をつくることです。 有名なのがイチゴのウィルスフリー苗です。 購入した年はウィルスフリー苗で大きな果実が穫れても、次年度以降はアブラムシによる葉の吸汁によりイチゴの植物体にウィルスが混入し、それが原因でしだいに大きな実も数も少なくなってきます。 なので、イチゴ苗は4年程で苗を更新する必要があるのです。
また、ジャガイモも毎年種芋を新しく購入する必要があります。 その年に収穫したイモを翌年に種イモとして植え付けると、葉が小さく縮れて株が大きくならないことが起こります。 これはジャガイモの種イモにウィルスが入ってしまったからです。 これもアブラムシによる吸汁が原因です。

それと同じで、ブドウにもウィルスがつくのです。 ウィルスの被害が出るのは、長くブドウ栽培をしている畑で、個人の庭でブドウを作ったこともないような場所では出ないといわれていますが、イチゴやバレイショはそれが出れば翌年は新しい種イモにするか新しい苗を買って植えればいいのですが、ブドウのように永年作物は、一度植えればそう容易く植え替えすることもできません。 それにウィルスフリー苗(接ぎ木苗)は挿し木苗に比べて高価なのです。 挿し木苗が1000円~2000円なのに対しウィルスフリー苗は3000円以上するのです。 それにネットで購入すると送料も高く、1本が5000円以上になるのです。
しかし、この年齢になると、植えてから2~3年後にウィルスに気づいても遅いので、ウィルスフリー苗を購入することにしました。

「北の果樹園芸」には以下のように書かれています。

近年、ウィルスフリー苗(ウィルス病を保毒していない苗)が販売されています。苗木の価格はやや高いですが、フリー苗のほうが好ましいと思います。 なお、ウィルスフリー苗は初期成育が旺盛になりやすいことが特徴です。

 

<余談 >
下の写真は昨秋伐採したプルーンの根っこ。 お椀状の台木とその下の四方に張り出した太い根。
2021.4.15
プルーン  伐採
⇒ プルーン 接ぎ木:台勝ち